34.警察に届け出ました

11/22


デジカメ紛失から2時間くらい経過したところで、警察に届けることにしました。
目的は気休めと保険請求と。

でも交番どこか分からない。


どうしようか考えながらサンタ・カタリーナ通りを歩いていると、パトロール中っぽい警察さん2人組みを発見。
思い切って接触を試みる。


-えと、デジカメを失くしたんです。(英語)

警察2人「??」

-カメラを失くしました。(ポル語)



で、届けを出したいけら交番に行きたい。を、どう言ったらいいか分かんない。


-eu quero ir ... (私は、行きたい)

警察2人「・・・おいで。」



通じたのかな?と思い、警察さんについていく。
で、2ブロックほど歩いた先に、警察さんがもう2人。
「この女の子が困ってるらしくて」と、仲間に相談する警察さん。


やっぱり会話がうまく噛み合わない警察さんもう2人と一生懸命英ポル会話をした結果、「交番に行きたい」のが伝わりました。
4人の警察官と一緒に車に乗り込む日本人女。


警察さんは「英語は難しいんだよー」「ポルトガルは好き?」「交番にいる人は英語が分かるからね」とか何とか色々話してくれました。
うん、ポルトガル好きです。


交番にいた年配の警察さんにあたしを引きつぎ、4人の警察さんは去っていきました。
そこで、何時ごろ、どこで、どのメーカーの、なんと言う機種の、カメラを紛失したかを書いていく警察さん。
無事に届出が完成です。



車で連れてこられたは良かったけど帰りは徒歩なので困りました。
でも改めて地図を確認すると、中心地からはそれほど離れていないようで安心。


・・・・・・・・・・・


そしてリヴォリシネマホステルに戻りました。
受付にいた人に、「部屋、移動したから」と言われました。
そうだった。

昨日宿泊した4人部屋は、今日来る4人グループが使うとのことで、「移動して貰うから」と言われてたんでした。

すっかり忘れてたなぁと思い、変更後の部屋(やっぱり4人ドミ)に入ると、自分のバックパックがありました。
そしてベッド脇に干してた靴下と下着も。
こ、これは恥ずかしすぎる。。



部屋を確認したところで、もう一度外に出ました。
デジカメが無くなったことで、改めて、風景を携帯に残しておこうと思ったのです。
b0204492_22513388.jpgb0204492_22514699.jpg

クリスマス前ということもあってか、通りはどこもこんな感じです。

b0204492_22523917.jpg

満足したので再び宿に戻りました。


同じ部屋の子はヨーロピアンな女の子が3人でした。
3人組だったのか、2人組と1人だったのか忘れたけど。
そして部屋には「時計仕掛けのオレンジ」のポスターが。



明日はモンサントに行く予定(バスチケットも購入済み)なんだけど、カメラも無くて行く意味あるのかとも思え、予定通りに移動しようか迷い中。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【11/22の出費】

宿(リヴォリシネマホステル) 17€ / 劇場とパンフ 12.5€、5€ / 電話 2€ / 写真現像 13€ /
スープとパン 1.8€ /


total:51.3€


次の日記
[PR]