30.澄んだリマ川の可愛い風景

11/20

8時半に起きました。
毛布2枚はやっぱりあたたかい。

9時半前に駅付近へ。
バスセンターが併設されているショッピングセンターはまだ閉まっているみたいで、どうしたらバスセンターにいけるのか分からなくてウロウロ。

実際は駅側からショッピングセンターの向こう側に行ける陸橋があったみたいなんだけど、その時は見つけられなくて、ショッピングセンターの周りをぐるりと遠回りしてしまいました。


たぶん10時台のバスに乗ったんだけど、正確な時間は忘れてしまいました。
バスに乗ると、ラジオだと思うんだけど、Cherのbelieveが流れていました。
懐かしい。。


・・・・・・・・・・

ヴィアナ・ド・カステロから、約40分でポンテ・デ・リマに到着。
道路沿いにある普通のバス停っぽいけど、ここが終点らしい。

別名「リマの女王」とも呼ばれるこの町に来た理由は、ネットで見つけて気に入ったから。
最初に見つけたのは、ここよりもリマ川の上流にあるポンテ・デ・バルカって町だったんだけど。
どちらも同じくらいに可愛い印象だったので、近い方に行ってみようと思ったのでした。


で、バス停に着いたはいいけど、歩き方に載ってない町なので地図がありません。
周囲に地図らしきものもなく、道路をどっちに進めば町の中心地に行けるのかが分からない。。
そしてこともあろうに反対方向へ。

ぷらぷらと20分くらい歩いてみるも殺風景で何もない。
期待はずれだったのかと思い、ヴィアナに戻ろうか考えつつバス停まで戻ってきました。
で、今度はさっき進んだのと逆方向に歩いてみる。


こっちにも何もないだろうと思ったのに、歩いて程なくして、左側に公園。
そのまま進むとお店か何かの看板。
ちょっとずつ賑わった雰囲気になってきて、、、中心地はこっち側だったみたい。
バスから降りてそのまま進行方向に進めばよかったのね。


「橋→」的な案内があったので、ワクワクしながら進むと、、、

b0204492_0483164.jpg

可愛い橋が見えてきたーーーーー!!!

アーチの綺麗な石造りの橋と、その向こうには塔のてっぺんに玉ねぎを載せた小さい教会。
橋の長さは川幅の倍くらいあって、河川敷に降りるとそこは駐車場にもなっていました。
でもこんなに橋が長いってことは、昔は川幅が今の倍以上あったんだろうか。。


橋を渡りたい気持ちもあったんだけど、川が綺麗だったので、まずは河川敷に降りてみることに。
川の近くまで来てびっくりしたことは、陸と川との境目がないこと。
岸辺の岩にでも座って水面を眺めて休もうかと思ってたんだけど。

なので、川から少し離れた乾いた砂利の上に腰を下ろして、橋と川とを眺めていました。
橋には緑色をしたポールの街灯が並んでいて、下から見上げると、雲ひとつない青空にその緑がよく映える。

・・・・・・・・

12時になって、対岸の教会からなんかテンションの高い鐘の音が聞こえてきました。
メロディーになってるんだけど、なんか綺麗じゃないww


日差しがあたたかかったので、上着を下に敷いて、仰向けに転がっていました。
橋を通る人が時々見てたような気もします。
だよね、不審者っぽいよね(汗)

でも本当に気持ちよくて、日向ぼっこのつもりで1時間くらいそこに転がっていました。
幸せだ。。。


・・・・・・・・・・

橋を渡る前に、橋の手前にあるレストランに入りました。
パスタ屋さんで、カルボナーラを食べました。
付け合せ?に、ナンみたいなふっくらあったかパンが出てきてびっくりしたけど。

濃厚こってりソースが重くて食べ切れなくて残してしまったけど、カルボナーラ自体はとても美味しかったのです。
マスターが「Bon?(美味しい?)」って聞いてきたので、「Muito bon!(とても美味しい)」と答えました。
マスター嬉しそうだった。


・・・・・・・・

おなかも満足したところで、やっと橋の向こうへ。
・・・と思ったけど、橋の上から見る川もこれまた綺麗で、ついつい止まって下を見てしまう。

見た感じ、川はとても浅くて、深さ1Mくらいしかないんじゃないかと思った。
そして水が澄んでてすごーーーーーーーーーく綺麗!!!!

川底の水草や、岩や、泳いでる小魚もよく見えるんです。
10分くらいかけてやっと橋を渡って、今度は橋の脇から階段を降りてまたもや川沿いへ。

b0204492_163296.jpg

だってもう本当に綺麗。

天気がよくて、橋が可愛くて、川も綺麗。
風景そのものも素朴ですごく綺麗。
なのでまた川沿いを散歩。
その景色が本当に気に入って、ずっと心の中で「きれーーーーい!!」って感激してました。
1人じゃなくて誰かと一緒だったら、ひたすら叫んでたかもしんない。


・・・・・・・・・・・

それから町自体もあちこち歩いて、15時くらいにバス停に戻ってきました。
次のヴィアナ行きバスは16時。


夕方にヴィアナドカステロに戻って来ました。
ショッピングセンター内の写真屋さんでフィルム2本を現像に出そうとしたけど、「仕上がりは来週」といわれて諦め。
ショッピングセンター内の服屋とかインテリアショップとか本屋とか玩具屋さんをウロウロして、今日もまたユースホステル近くの中華レストラン、長城飯店へ。


店内に入ると、お店の人があたしのことを覚えてたみたい(←まぁ東洋人だから目立つよね)で、
「今日はトウフがあるよ」って教えてくれました。
昨日は本当は麻婆豆腐が食べたくて、でも「トウフが無い」って言われて、中華焼きそばにしたんでした。

よっしゃ今日は麻婆豆腐だ!と思い、たぶんそれだと思われるメニューを注文。
その名も、 To-fu piri piri 。
日本語の擬音っぽいそのネーミングと言い、「辛い」の説明書きといい、まさに麻婆豆腐だと思ってました。

でも、実際に出てきたのはちょっと違う。。。
エビチリの豆腐バージョンって感じでした。
でもこれはこれで、初めて食べたけど美味しかったーー。
豆腐が厚揚げ状態になっていて、ソースがよく絡んで美味しいの。


・・・・・・・・・

ユースホステルのジル・エアネス号に戻ってくると、ベッドが綺麗になっていました。
えーここも毎日シーツ取り替えるの!?
てゆーかまたベッドメークしなきゃいけないの!?(←上の段のベッドメークはなかなか面倒)と思っていたら、なんとシーツは綺麗に張られ、毛布まできちんとセットされていました。
なんて親切な宿なんだーーー。

コンセントは無いし少し質素な感じのホステルではあるけど、これで8€なら文句ないです。
嬉しい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【11/20の出費】

牛乳、菓子 1.84€ / バス(ヴィアナ⇔P.リマ) 2.95€×2 / カルボナーラ 9.4€ /
ピリ辛豆腐とご飯 8€ / 宿(GIL EANNES) 8€ /

total:33.14€



次の日記
[PR]