28.この景色だけで満足

11/18続き


山道を走るバスに酔ってしまい、アマランテに着いてからもバス停内のベンチでしばらくぐったりしてました。
とりあえず動けるようになったところで、宿探し。

予約はしていないけど、歩き方に安宿が1軒載っていたので、まぁこの季節なら空いてるだろうと。
宿の名前は、 Residencial Estoril 。
タメガ川沿いにあり、1階に入っている同名のレストランが部屋貸しもしているんです。
レストランに入って部屋があるか聞くと、ちゃんとありました。よかった。

b0204492_0353327.jpg
15時半、チェックインです。

b0204492_037630.jpg
川沿いの建物なので、窓を開けるとタメガ川。
左手にはアマランテの守護聖人の名前を冠した聖・ゴンサーロ橋がかかり、川の向かい側には教会が。

さっそく橋の方に向かおうと、お散歩へ。
橋の付近には下に降りられるように階段があったので、橋を渡らずに川の方に降りてみることにしました。

b0204492_0404579.jpg
水に映ったゴンサーロ教会がとても綺麗。
川沿いでは魚釣りをしている人もいました。

上から眺めるのも綺麗だけど、橋の下の方がちょっと穴場っぽい感じで楽しい。
タメガ川の流れも穏やかで、時々道路を通り過ぎる車の音以外はとても静かで、何より水に映った風景が幻想的。
この橋と川の風景だけで、ここまで来た甲斐があったなと思いました。
良すぎ。

ここも結構山の中だし、早朝で朝もやが出たらそれもまた綺麗だと思う。

30分以上そこでたっぷり景色を堪能して、ようやく橋を渡って教会側に行きました。



図書館にも立ち寄りました。
b0204492_051097.jpg
中で写真展をやっていたのが嬉しかったです。

アマランテは小さい町なので、昼過ぎ~夕方着でも十分な感じ。


夜は寒かったです。
白い息が出ました。
天気と場所と時間でかなり寒暖の差が。。


晩御飯は、宿の1階のレストランに行きました。
フライドチキンか何かだったと思うんだけど、かなり量が多かった気がします。

b0204492_183591.jpg
夜にテレビをつけると、アニメをやっていました。
どこかで見たことがあると思ったら、フランスのレンヌの映画館で見たものでした。
ヨーロッパではメジャーなのかな、懐かしい。


明日はポルトを経由して、北部の町ヴィアナ・ド・カステロに向かいます。



宿:Recidencial Estoril

・1階はレストラン
・川沿いなので眺めが綺麗!
・新しくはないけど清潔
・シャワーは時々調整が難しいけど、大丈夫。
・オイルヒーター付き。 
・テレビつき
・20€/泊



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【11/18の出費】

電車(ポルト→ギマランエス) 2.15€ / カフェ、蒸しパン 1.65€ / 昼食 5.55€ / お菓子 0.95€ /
バス(ギマランエス→アマランテ) / 宿(エストリル) 20€ / テープ 1.94€ / 晩御飯 6€ /


total:44.34€



次の日記
[PR]