13.モンサラーシュ行きのチケットを買う

1/9

今日は日曜日。
エヴォラで2日目の朝です。


2枚あった毛布のうちの1つを敷布にしたのはもう本当に大正解で、気持ちよすぎて起きられない。
10時過ぎになってようやく外に出ました。
明日はモンサラーシュに行く予定なので、エヴォラから出るバスの時間を今日確認しておくのです。
バスターミナルへは、城壁を出てまっすぐ5分弱。

時刻表が探しきれなかったので、窓口のおにーさんのところへ。
勉強がてら、たどたどしいポルトガル語で話しかけます。



-こんにちはー。朝のバスでモンサラーシュに行きたいんですけど。

「朝はないよ。13時のバスで行って、レゲンゴス・モンサラーシュで乗り換えだよ」

-!! 朝はないんですか???

「あるけど、どっちみち午後のバスをレゲンゴスで待たないといけないよ」

-ありがとうございますー。



乗り換え間に合わなかったらとか不安だったので、朝行ってゆっくりバスを待てばいいやとも考えたけど、13時のバスの方がスムーズに着きそうなニュアンス。

で、どうせならチケットも先に買っといた方が安心だなと気づく。
時間もプリントされてるから間違う心配がないし。
そして再びさっきの窓口へ。



-明日のモンサラーシュ行きのチケットを買いたいんですけど。

「明日買えるよ」

-今日買いたいんです。

「今日行くの? 明日行くの?」

-明日。

「・・・」

-明日のチケットを、今日、買いたいんです。

「・・・6ユーロ。」



b0204492_119029.jpg

切符ゲット。


で、窓口を後にした直後、しあさってのベージャ行きの時刻表も欲しかったと気づく。
→再びさっきの窓口へ。


-すみませーーん。

「(・・・またコイツか)」

明らかにお兄さんがうんざりした顔をしました(笑)

エヴォラ→ベージャの時刻表をお願いすると、帰りのベージャ→エヴォラの時刻表までくれました。
多分もう来るなってことでしょう。
ポルトガル人親切です♪


城壁の中に戻る途中で、右手に広がる墓地へ。

b0204492_1231842.jpg
青い空に白い墓石がなんとも気持ち良い空間でした。
大理石(時々御影石)のお墓には、十字架や聖人の飾りが施してあって豪華。
そして、花が本当に色鮮やか!!!
日本だと菊くらいだけど、こっちのお墓にはバラもあればチューリップもあってすごく綺麗。
そしてお墓には個人の顔写真も添えてあって。

なんだかとても温かい雰囲気の墓地でした。


・・・・・・・・・・

今日は昨日よりも暑くて、半そででもいいくらいの感じ。
カステロ・デ・ヴィデが雨だったとは言えあんなに寒かったのに!!

、、、と思ったら、影に入ったら寒かったです。


・・・・・・・・

そろそろポルトガル料理以外のものを食べようと、見つけたイタリアンのお店をチェック。
お昼開店みたいだったので周辺を歩きつつ待っていたのに、開かない。
どうやら日曜日はお休みらしい。

なのでジラルド広場にあるカフェに入りました。
バカリャウ(干し鱈)とクリームとポテトのなんちゃらかんちゃらが美味しそうに思えてオーダーしたら、なんか見覚えのあるものが来ました。

マルヴァオンで食べたものでした。
これかあぁあぁあああぁぁぁああぁ(>_<)
美味しいんだけど、味が単調で胃に重いんだよぉぉぉぉぉぉぉ

今回はサラダがついていたからまだよかったかも。
そして野菜スープは文句なしに美味しい。

・・・・・・・・・・・・・

日曜日はさすがに休みのお店が多い。
昨日一通り歩いたので今日は1日のんびりしようと、クジャクのいる公園に行きました。

この公園、城壁内だけかと思えば、階段を下った城壁外にまで広がっていました。
ベンチがメインの上の公園とは違って、こっちには遊具もあって家族連れが多い。
お揃いの格好をした双子ちゃんに和みました。


・・・・・・・・・・・・

今回の旅行ではチケットとか地図とかいろいろをノートに貼り付けていってたんだけど、テープが残り少ないことに気づき、チャイニーズショップへ。
ジラルド広場の脇に、中国人の経営するバラエティショップみたいなのがあったんです。
そういやポルタレグレにも似たようなお店がありました。
強いぞ中国人。

アジア顔に親近感を覚えたらしいご主人に「Cines?(中国人?)」と訊かれました。

・・・・・・・・・・・・

今日の晩御飯もハムでいいやと思って、城壁の外の Pingo Doce へ。
途中で通りがかった教会で、写真の個展が開催されていたので立ち寄りました。
アフリカのとある部族を映した写真展。
すごく良かったんだけど、教会ってこんな使い方していいんだとゆーことにびっくりしました。



晩御飯を買って部屋に戻って、今後のルートを検討。
後半をあまりちゃんと考えていなかったけど、改めて色々いきたいと思うと時間が足りない。
ピオダオも捨てがたいけどここは諦めて、代わりになんとかモンサントへ行きたいな。

ポルトガルは電車でどこへでもいけるわけではなく、内陸部とか小さい村だとバスの方が便利だったりする。
でもそういうところへのバスって1日数本だったり、曜日によってはバスがなかったりもするわけで。。
交通にかなり制約がかかることを実感しました。



とりあえず明日はモンサラーシュに泊まって、そのあとベージャに行ってメルトラに日帰りして、リスボンに戻ったらそこから北上していきます。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【11/9の出費】

宿(goraldo) 20€ / 昼食 7.65€ / ハムと牛乳とヨーグルト 1.66€ / モンサラーシュ行きバス 6€ /
テープ 1€ /


total:36.31€


次の日記
[PR]