9.バルセロナ2日目の夜

8/12 おまけ


フィゲラス&ジローナを夜遅くまで回らずに、少し早く帰ってきたのにはわけがありました。
ナガイさんが「夜にみんなでフラメンコを見に行く」と言っていたからです。

フラメンコの本場はバルセロナではないみたいなんだけど、見たいなーとは思ってたのです。
でも本格的なのだと結構いい値段するから、「いやいやそこまでは」と思ってたのです。


フラメンコのショーって何千円もするんだけど、でも、気軽に安く見られるところがあるということで。
若手のダンサーさんがお披露目をする場所なんでしょうか、たぶん。


他の宿泊客も帰ってきて、人数が揃ったところで、7人ほどで連れ立って出発。
宿からは徒歩で30分ほど。



b0204492_23524780.jpgb0204492_23525513.jpg
ランブラス通りを抜けて、レイアール広場の脇にある老舗のタブラオみたいです。



b0204492_025298.jpg
1人だけ短パンにサンダルの、ネタみたいなお兄さんがいます。。


b0204492_032265.jpg
MJを髣髴とさせるいでたちの男性。


b0204492_035529.jpg
この人かっこよかった!
欲を言えばドレス着て欲しかった・・・!!!!


ショーが終わってCD?とかの売り込みをしていたあたり、やっぱり若手の方々のようです。




その後の帰り道にちょっとセクシーなお店に行きました。アダルトショップ的な。
b0204492_08277.jpg
お高いバニーさんがお出迎えです。


あんなものやこんなものが売られている中、奥の方には個室のBOXが輪になって並んでいるスペースがありまして。
1人用のBOXに入って2€を入れると、2分間だけ窓のブラインドが下がるんです。
窓の向こうには回転するステージ(とゆーかベッド)がありまして、おねーさんが脱ぎ脱ぎしたりするわけですね。
2分経ったらブラインド出現してきてシャットアウト。
もっと見たかったら更に2€を。。

実際には「これお姉さんか!?」って見た目だったりするわけですが。


そんな社会見学を経て、帰宅。
ベランダでしばしお喋りしてました。


アジア横断と中央と北アフリカの2年の旅を経てもうすぐ帰国するお兄さん1、

お兄さん1とエジプトあたりから一緒に旅をしていて、次にイギリスを目指すお兄さん2、

3週間の1人旅でスペインとモロッコを旅してる広島のおねーさん、

世界一周航空券で半年目、東南アジアで虫にやられた腕の跡が痛々しいお兄さん3、

5大陸を一通り回って1年4ヶ月目のお兄さん4

あと、最近スペインに入ってこれからヨーロッパを巡るとゆーお兄さん5が、今後の行き先をみんなに相談してました。

長期放浪したい!!!


この時にお兄さん1がタコのリゾットを作ってみんなに少しずつ分けてくれまして。
なかなか美味しかったー。
ちゃんと料理するってすごいなー。

その他、旅人から旅人へ受け継がれてる「田中くん」とゆーパンダの縫いぐるみがあるとか、
同じく旅人に受け継がれてるルアンちゃん人形とパバン君人形は、最近南米で2度めの再会を果たしたとか、
シンガポールの巨大なマーライオンは夜中0:00になると口から火を吐くとか。
(マーライオンはすっかり信じてしまったのに冗談だったそうです。。)




そんな感じでバルセロナの夜は更けてゆくのでした。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【8/12の出費】
朝ごはん(パン、カフェ、ヨーグルト) 4€ / 電車(サンツ~フィゲラス) 16.9€ / アイスティー 1€ / ダリ美術館 11€ /
電車(フィゲラス~ジローナ) 2.6€ / 飲み物 1.2€ / コーラとパン 3.35€ / ダノンと水 1.6€
電車(ジローナ→サンツ) 6.5€ / フラメンコ 5€ / sexbar 2€ /


total:56.15€
[PR]