タグ:フランス ( 5 ) タグの人気記事

3/5

初の混合ドミ(Meyerbeer beach Hostel)は緊張したけどいたって普通でした。
宿自体の記憶はあまりないんだけど、悪かったという気はしないのでそこそこ良かったんだと思う。
地中海な雰囲気もあって割と綺麗だった気もするし。

ぐっすり眠って8:00起床。
顔を洗った後で気づいたんだけど、同室にはお兄さんが2人いました。(1人だと思ってた)
コインランドリーに洗濯しに行って、朝ごはんはパン屋さんで購入したパン♪

同室のお兄さんの1人は、ロンドンで働くオーストラリア人。
10日間でプラハ、ウィーン、ローマ、ニース、パリを回る旅の途中らしい。
駆け足すぎるだろ。(人のこと言えないけど)


そして10時くらいにいざ散策へ出発!

b0204492_159466.jpg
ここに来てようやくの快晴!!
南国ムード満点の風景が良い感じです。

b0204492_203393.jpg
そして海岸沿いーーー!
うあー、夜見た風景も日中だと全然違う!
季節はまだまだ寒い3月ですが、気分は開放感でいっぱいです。

b0204492_215651.jpg
そしてそして、海ーーーー!
リゾートって感じだぁぁぁぁぁ!
太陽光が反射してキラキラ光ってて、浜辺には日光浴してる人もいたりして、海を見たのが久しぶりだったせいもあったのできゃあきゃあ騒いでたら、近くに別の日本人がいて写真撮影を頼まれました。

b0204492_032350.jpg
あたしたちも記念写真♪



b0204492_242368.jpgb0204492_243025.jpg
ホテルの立ち並ぶ海岸を眺めながら、「じゃあ向こうまで行こうか」ってことで移動。
途中、タイミングよく渡らないと波が来てしまう岩場を越えようとして、
見事に靴ごとずぶ濡れ。

b0204492_271567.jpg
岩の上で靴を乾かす間に記念撮影♪
えーと、乾ききらなくて足冷たいっす。。


b0204492_291964.jpg
しばらくしてミニ遊園地のようなものが見えてきて、大きな観覧車があったので直行。
BOXに入るような日本の安全な観覧車とは違って、非常に開放的なゴンドラでした。怖いよー。


b0204492_2124356.jpgb0204492_2124923.jpg
そして観覧車から眺めるニース。最高です。


この時乗客はあたしたちしかいなくて、1周目が終わりそうなのに「減速しないな」と思ってたら
2周目突入。

そして、頂上で停止。
なんだこのサービスはとか思いながら、てっぺんからの眺めを堪能。

b0204492_2155795.jpg
アルプスも見ることができました!!
(分かりやすいように明るさ落としてます)
当初旅のルートにはスイスも入ってて、でも「アルプスの為だけに行くのもね」ってことで外したのでした。
まさかここで見られるとはーーーー!!!

そして2分ほどの長い停止の後に観覧車は再び動き出し、
まさかの3周め突入。


えーと結局4周しました。
普段からこんなに回してくれるのか、客がいなかったからサービスしてくれたのか、とにかくこれで5€は大満足。



b0204492_221513.jpg
それから少し開けたところにでました。
古本を何か買いたかったんだけど、お気に召すものが見つからず。
音楽やってるおじさまを良い子に待ってる左端の犬くんも可愛かったです。


b0204492_2253860.jpg
旧市街が見えてきたので、立ち寄り。
お土産屋さんでオリーブ石鹸などを買いました。メイク落としや乳液もありました。
お店の中全体がいい匂いなのー。置いてあるものも可愛くて色々欲しくなる。


b0204492_2281459.jpg
おなかがすいたのでカフェのようなレストランへ。
サラダもシチューも美味しくて、やっぱり地中海は最高!!!
・・・だったんだけど、ウェイターのお兄さんにお釣りをごまかされかけました。

2人で18.5€のお支払いに対して23.5€を出したら(←5€札が欲しかった)、出てきたお釣りは1.5€。
「足りないよ!」って文句を言ったら「3.5€はチップでしょ?」って。

えええええええええ!!!
チップって勝手に取られるものなんですか!!??
てゆーか3.5€のチップは高すぎるだろ!(相場知らないけど)
1800円のお会計に2300円出して500円玉を貰う様な日本式精算は不可なのだと実感しました。



とにかくおなかがいっぱいになったので、体力回復したところで展望台へ。
遊歩道をひたすら進むと、綺麗な景色を楽しめる展望台が。
b0204492_2363479.jpg
この景色の先はモナコです。(たぶん)
周りにはラブラブなヨーロピアンカップルもいたりして、そりゃこんな景色見たら抱きつきたくもなるよね、と納得。

b0204492_2381662.jpg
えーと、とりあえず登ってみました。
ニースの住宅は赤茶色の屋根で統一されてて、上から見るととても綺麗でした。
展望台からは下の通りを歩いている人の姿や、自分達の通ってきた道も見えて、ずっと眺めてて飽きない。
また来たいなぁと思いつつ、風景を目に焼き付けて下界へ。



18:30頃、一旦宿に帰ってネットをしたら日本語表示のできないPCでした。
のでネットカフェへ。
そして晩御飯は中華。チンジャオロースー最高!!!


チップの件はアレだったけど、大満足の1日でした。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【3/5の出費】
洗濯 2.1€ / パン 1.2€ / オリーブ製品12€ / 昼食11€ / 観覧車 5€ / ネット 2.25€ / 夕食 6.55€ /



total:40.1€
[PR]
3/4

起きたら8:20。
ぬるいシャワーを浴びて部屋に戻ると、昨日の1年生3/6人組みが荷造り中でした。
なるべく荷物を減らして同じ服を着まわしまくりな自分達からすると、突っ込みどころ満載でした。

・服は日ごとにコーディネートして圧縮パック
・バッグはヴィトンやコーチ
・複数持ってきたオシャレな靴の中からどれを履こうか迷う


そしてリーダー格っぽい1人が、「正味、帰りたいわー」を連発。
傍から聞いてるだけで不快感maxになるくらい愚痴三昧だったので、一緒に旅行してる子はつまらないこと必至でしょう。
不満ならお前1人でさっさと帰れやと思いつつ、靴で迷うくらいならこれからお出かけなのかしらと推測しながら眺めていると、
スーツケース抱えて大移動。


えっそれならそのヒール靴脱いでスニーカーで行けよ!!

もうコイツ石畳にヒールはまらせて転べばいいんだ。
てゆーかオシャレをメインにして来たならドミなんかに泊まるなよー!



そんなこんなで朝からあまり良い気分じゃないまま、9時頃出発。
本当は8時の電車に乗るつもりだったんだけど、起きたときすでに8時過ぎてたので、予定変更。
次の電車まで時間があったので昨日の玩具屋さんに行って、例の玩具の椅子をS嬢とお揃いで購入。
b0204492_22451254.jpg
うんやっぱり可愛い。


volontaires駅に行くのに、同じ宿に泊まってたらしい男の子2人も一緒でした。
この子たちも3週間の卒業旅行で、リスボンに行くとのこと。これまた大阪からでした。

11:30にパリのリヨン駅について、次は11:50の電車の席を無事GET。
途中ユーレイルパスをベンチに忘れかけて、親切なお兄さんが追いかけてきてくれました。
ありがとー。

予定通りにリヨンを出て、次の目的地のニースまでは5時間半の長丁場。
しばし睡眠。。。


途中でおなかが空いて、別の車両にサンドイッチを買いに行ったんだけど、20人くらい並んでるのに対してカウンターにはアジア人のおばちゃん1人。
かといって急ぐわけでもなく、中にはもう1人おじさんもいるんだけど、役割が違うのか手伝う気配もなく。
そして30分待ちました。。
あたしの前にいたおばちゃんも、コーヒー1杯頼むのに30分待ってました。
効率悪すぎ。


17時頃になって、ようやく海が見えてきました。
ちょーーーー綺麗だったんだけど写真が残ってなかったよー。

b0204492_22542364.jpgb0204492_22543090.jpg
こっちは山側の景色。
あたしたちの席は山側で、主に見えてたのは岩ばかりだったけどこれも綺麗だったよ。
別荘みたいな建物もぽつぽつありました。

見えてくる植物も、オリーブやら椰子の木やらフェニックスやらで、南国の雰囲気満点。
そして18:00、
モナコに着きました。


ちがーーーう!!!


景色が綺麗で乗り過ごしちゃったよ(汗)
逆向きの電車に再び乗って、今度こそニースに到着です。

既に薄暗い中を駅から海に向かって歩くことしばし、 Meyerbeer beach Hostel に到着。
ここが今日のお宿です。
ドミトリーはもちろんなんだけど、初めての混合ドミでした。


しばらく休んだ後で、21時頃、近くで見つけたレストランに行きました。
「そんなにたくさんはいらないよね」ってことで、「2人で分けますから」と21€のコース料理1人分を注文。

b0204492_2382773.jpg

えーと、サラダが2皿来ましたが。。。

1人分しか頼んでないの分かってくれてるよね??
でも半人前にしちゃ1皿分の量が多いよね???



色々不安になりつつ食べてましたが、他の料理も2皿来るんです。
すごく美味しいんだけど、イマイチ楽しみきれないままメインを平らげていよいよデザート。


b0204492_001265.jpg

パフェかと思うくらい巨大なクリーム乗せチョコレートムースが、1つだけ来ました。

あ、やっぱり分けてくれてたんだ。
なんて親切なレストランなんでしょう。
でも半人前のコースでもあたしたちには十分で、デザートは途中でギブアップしました。

ちなみに出てきたのは、イカやタコの入ったサラダ、ホタテや白身魚のホワイトソースがけ、ライス、デザート、とかだったと思う。
魚介類が美味しい地中海って素敵。



b0204492_23155788.jpg

帰りに海岸を散歩しました。
砂浜にも下りてみました。
写真はブレブレで分かりにくいけど、一面に広がる明るい光は海岸沿いの高級ホテルたちです。


b0204492_2317317.jpg
明日から旅行も後半戦。
楽しみです♪



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【3/4の出費】
メトロ 2.8€ /  TGV席代 3€ / サンドイッチ 1.9€ / お菓子 0.5€ / 写真現像 10.2€ /
宿(Meyerbeer beach hostel) 2泊分 29.8€ / 夕食 10.8€
*パリ→ニースはユーレイルパス1回使用

total: 58.7€
[PR]
3/3

明け方、同じ部屋のドイツ人女の子と少しお話しました。
最初の印象は少し恐い子でした。というのも、夜(といってもそんなに遅い時間ではない)に隣の部屋のグループがギャーギャー騒いでて、見るからにイライラしていたその子がドアを開けて隣の部屋に行くなり
「アンタたちうるさいわよ!!」
的に文句をつけていたのを見たからです。


おぉ、コイツを怒らせちゃいけない。。
そう思った我ら小心者の日本人は、早々と寝てしまったそのドイツ娘を起こさないように、物音たてずに荷物の整理や翌日の準備をしたのでした。


で、早朝。
ふと目が覚めるとドイツ娘が出発の準備をしていました。
そか、昨日の夜イライラしてたのも早く寝たのも、今日が早かったからなのね。

「起こした?」と意外にも気を使ってくれたので「大丈夫」とかって話をしていると、ドイツ娘の下のベッドの子がかなり大きないびき。
それを聞いて苛立ち混じりに「horrible」とドイツ娘。おぉ、やっぱりコイツ怖い(笑)
出身地を聞いたらドイツからと言うので「ドイツを抜けてきたけどすごく寒かった」って伝えたら、やはり忌々しそうに「Yes, fuckin' winter.」とドイツ娘。

口の悪さが逆に可愛くて面白い子でした。



改めて寝て起きて、無料の朝食を貰いに共同スペースに行くと、朝ごはんは終了してました。
9時までに来ないと片付けられるらしい。。悲しい。。

今日のパリは雪。 ってか吹雪。 雪が横殴りに降ってて、傘を持ってこなかったのを少し後悔。
散策してて入った玩具屋で、日本でもみかけた何かのシリーズの人形を見ました。
で、そのシリーズと一緒に売られていた玩具の椅子が超可愛かったー。

b0204492_2210858.jpg

↑こいつ。
椅子の背もたれ部分のモヒカンみたいなふわふわが気に入って、買おうかどうしようか迷って迷って、日本で同じの見かけたって買わないよなぁーとか思いつつ、保留。



それから、ポンピドゥーセンターにいきました。
モダンアート美術館に入りました。


b0204492_22145327.jpg
なんだかよく分かりません。

b0204492_22152049.jpg
極寒ルーム。

あとはなんかコラージュやら彫刻やら色々。やっぱモダンアートは意味不明よね。


b0204492_22173151.jpg
建物の外にあった、これまたよく分からないアート。



あ、この日のご飯は話しかけてきたおじさんからのおごりでした。(←危険)
カフェレストランみたいなとこでステーキ食べさせてくれたけど、こっちのお肉は固くてイマイチだったよ。
あ、でもティラミスは美味しかったです。



とゆーことでご飯代は浮いたんだけど逆に色々回ることができなくて、ベルサイユ宮殿とかルーブル美術館といった、「The☆パリ」な観光をできないまま、パリ最終日終了。。。
うん、今度はいつか時間をかけてこられますように。



そして ALOHA HOSTEL のドミトリーに戻ると、そこにはどでかいスーツケースが3つ。
こんなとこに立派なスーツケースってもしかして日本人?と思ったらやはり関空の札が。
関空からってもしかして同じ大学か!?いやまさかね。
と思ったら同じ大学でした。(←会話盗み聞き)

1年生女子6人で旅行、みんなで同じ部屋ってのが叶わず、残りの3人は隣の部屋のようです。
大人数で旅行って収集つかなくなりそうだけどどうなんだろうね。



さて、明日はニースに移動します。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【3/3の出費】
ネット 1€


total 1€
[PR]
3/2


今日はモンサンミッシェルに日帰りの予定!!!!
…で、8時半に宿を出たら9:05のTGVに間に合わず。

なんか9:30なんだと勝手に勘違いしてました。
ごめんねS嬢。

ちなみにモンサンミッシェルへの行き方は、
パリ →(TGV)→ レンヌ →(バス)→ モンサンミッシェル
ってことで、レンヌに行けばバスのもう1本くらいあるんじゃね?とチケ売り場のお兄さんに相談。

「レンヌまで行っても、モンサンミッシェルへのバスは夕方のしかないよ」と教えてくれつつも、ちゃっかりチケットは売りつけようとしてくるお兄さん。
*どうせ今日も明日も同じ宿に連泊なんだから夕方行って翌日戻ってくるとゆー選択肢も後からなら考えられるんだけど、その時は慣れない周遊だったこともあり、思いつかず。

そんなやりとりを見ていた通りがかりのおっちゃんが「バスあるかもしれないし、とりあえずレンヌまで行ってみればいいじゃん」となぜかレンヌ行きをプッシュしてきました。
しかも日本人小娘2人組にお茶までご馳走してくれる親切さ。

正体不明のおっちゃんに別れをつげて10時台のTGVに乗り、お昼過ぎにレンヌに着きました。



・・・でもやっぱりバスがない(涙)
バスセンターに行ったけどやはり次のバスは夕方みたいで。
バスセンターを出たときに、同じバスセンターに向かう日本人とすれ違いました。
聞こえた話の内容から、彼女達もモンサンミッシェル行きのバスをGETできなかったみたい。
ので、今日はもうレンヌをお散歩することに。
*今ならタクシーで行くって手段もあるんだけど、当時はやっぱり思いつかず。


b0204492_1361965.jpg
レンヌは静かな町でした。
時々見かけたレンタサイクルを活用したかったんだけど、借り方がよく分からず断念。

b0204492_1411342.jpg
途中で入った雑貨屋さん。
そういえば「英語は嫌がられる」と信じていたパリは以外に英語が問題なく通じて特に困ることもなかったのですが、やはり地方都市らしいレンヌは、嫌がられこそしないものの店員さんに英語が通じない。。


b0204492_1455711.jpg
お昼ごはんにハンバーガーを食べて再び散策していると、何やら昔ながらな感じの通りに出ました。
通りを抜けたあたりでスクーターが走っていってたんだけど、そのエンジン音が「パン!パン!パン!」って音してて、鳥山明の漫画に出てきそうだと笑ってしまいました。


b0204492_1512867.jpg
なんだか分からないけどデモ行進みたいなのにも遭遇。


元々散策する予定もなかったので下調べもしてないし、地図やガイドブックすら手元にないし、ってことで映画でも見ることに。
まともな映画を見てもおそらくストーリーが分からないだろうってことで、ペンギンか何かの映画でも見るはずだったのが、なぜか入る部屋を間違ってしまいました。

始まったのはCGアニメ。
そして他の観覧車はちびっ子ばかり。
話はその分分かりやすかった。
しかも最後の方でちびっ子達が映画の音楽に合わせて飛び跳ねてて可愛かった。


b0204492_1561243.jpg
映画館にて。
ミニシアターな感じの狭いつくりで、真っ赤な内装がいい雰囲気。



そうしてレンヌを後にしたのでした。
いつかモンサンミッシェルにリベンジ訪問だなぁ。



晩御飯はパスタソースを買って、昨日日本人に貰ったパスタを茹でて食べました。
キッチンのあるドミトリーって嬉しい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【3/2の出費】
電車往復 11.25€ / 土産本 3.95€ / 食事 3.75€ / 映画 6€ / ポップコーン 1.85€ /
パスタソース 1.48€ /
(1€ = ¥140くらい 。 食費やポップコーンは2人で割り勘なので実際の価格とは異なる場合も)

total:28.28€
[PR]
3/1

日本を発って1週間、クシェットで目覚めるとそこはパリでした♪

予定より30分遅れでパリに到着。
ドイツで買っておいたパンとハムとチーズを朝ごはんにして、これから3泊する ALOHA HOSTEL へ。

↑えーと、やたらオシャレなHPになってますが、少なくとも2005年はシャワーがイマイチな宿でした。。


アロハホステルには日本人が多そうで、チェックインの時だけで5~6人は見ました。


少し休んで、お昼前にとりあえず凱旋門へ。
b0204492_1311651.jpg
凱旋門の前で凱旋門♪
周りにはこんな寒い時期にも関わらず観光客ばっかりで、写真を撮ってもらったり撮ってあげたりして、いよいよ凱旋門に上ります。

b0204492_1333369.jpg
凱旋門の真下。

b0204492_1335591.jpg
凱旋門の上からの風景。
・・・うーん、パリって地味だなぁ。。。(←当時思った正直な感想)
季節のせいもあったのかもしんない。
そしてとにかく寒かった。雪は降ってないけど、体感気温はドイツと変わらないくらい。


b0204492_1392660.jpg
再び地上に降りると、天気が少し良くなってきました。


b0204492_1433854.jpg
シャンゼリゼ通りにあるルイ・ヴィトン
このとき改装?移転?の最中で、このでっかいトランクの向こうで作業が行われているっぽい。
なのでお店は営業してないんだけど、かなり目立っててちょー可愛かったよ。
日本語の案内表示もあって、日本人多いんだなって思った。

それから目当ての雑貨屋さんが改装か何かで休業中だったので、サン・ルイ島をぷらぷらと。
b0204492_1481421.jpg
ノートルダム寺院がありました。
河の向こうに眺めただけだったんだけど、立ち寄ればよかったなー、もったいない。


夕方になってやっとお昼ご飯(オムレツ)を食べて、デパートを散策。
レジで支払いしてたら鏡越しににこやかにこちらを見つめる初老のおじさまがいらっしゃいまして、誘われるままにお茶をご馳走になってしまいました。

夜20:00になって、メトロを乗り継いでエッフェル塔へ。
b0204492_152731.jpg
おおおおお、光ってるー。
近くまで行ったのがちょうど21:00だったんだけど、ちょうどキラキラ光ってました。嬉しい。


b0204492_1534028.jpg
デジカメの画像はすごく綺麗なんだけど、実際の眺めは首都の夜景にしては控えめでした。
期待が大きすぎたのか、1年半前に見たマンハッタンの夜景が綺麗過ぎたせいか。
それとも、エッフェル塔からはシャンゼリゼが見えないからか。
そう考えると、凱旋門にも昼じゃなくて夜に行けば良かったかもしんない。


エッフェル塔でかなりゆっくりしたので今回の旅で初めての遅い帰りとなり、23時過ぎに宿到着。
カップスープで晩御飯してたら、日本人の子たちがいっぱいいて、パスタと玉子を分けてくれました。


そして良くなかったのがアロハホステルのシャワー室
脱衣所の向こうに狭いシャワー室があるんだけど、しきりはカーテン1枚。
カーテンは膝くらいまでしかなくて、まぁ脱衣所にドアがあるのでそれは構わないんだけど、シャワーが真正面の壁にかなり高い位置で固定されてるのね。
蛇口をひねれば水だかお湯だかが降り注ぐんだけど、避けようがないので温度調整に勇気がいる。
しかも、勢いよく降り注ぐシャワーのお湯が、膝くらいまでしかないカーテンの下を通り抜けて、その向こうの脱衣所に降りそそぐ。

ちょ!!着替えが濡れてしまう!!!

部屋から椅子を脱衣所に持っていって、その上に着替えを避難させました。
なんでこんな適当な設計するんだよフランス人。。。


明日はモンサンミッシェルに行く予定です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【3/1の出費】
メトロ  1.4€、5.25€ / チョコ 3.4€ / 宿3泊分ALOHA HOSTEL) 46.2€ /
食事 4.45€ / 凱旋門 3.5€ / エッフェル塔 10.7€ / 晩御飯 2.6€


total 77.5€
[PR]