2/21 続き 



13時。

九龍島行きのターボジェットは、なんかめちゃくちゃ揺れました。
iPhoneの音楽聞いてなんとか乗り切ったけど、気を紛らすものがなかったらギブアップだったかもしんない。

そして14時過ぎ、九龍半島にあるショッピングセンター、中城港に到着です。
そのまま地階に降りて廣東道に出て、近くにある中国厨房(チャイナキッチン)へ。

前回もお世話になった台湾レストランです。(微妙に移転してたけど。)

b0204492_23184070.jpg
坦々麺と、
b0204492_23192094.jpg
牛肉麺。あと春巻きも。

ここの坦々麺好きなんです。おいしい。


15時半頃、重慶大厦(チョンキンマンション)へ。
後日もうちょっと良いところに泊まるつもりではあるんだけど、せっかくなので安宿もと思って。

b0204492_2330816.jpg
2010年にこんなボロボロだった重慶マンションは、、

b0204492_23384222.jpg
2013年、綺麗に修復されていました。。(これは夜に撮ったもの)


b0204492_23395599.jpg
中はあまり変わらないかも??
4階の重慶招待所へ。

b0204492_2344316.jpg
1泊(1部屋)30HK$、1人でも2人でも3600円くらいのお宿です。
移動で疲れたのでひと眠り。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

18時くらいに起きて、部屋に現われたちびゴキさんを退治したりなんだりで、外へ。

b0204492_2348013.jpg
外へは階段で。
b0204492_23493516.jpg
踊り場の窓の外の風景。
b0204492_23505525.jpg

b0204492_2351392.jpg
途中、中庭のような空間があります。
目の前にあるビルも含めての「重慶マンション」です。
1~2階部分はワンフロアで繋がってて、3階より上からA座~E座にビルが分かれています。
b0204492_23521258.jpg
b0204492_2352478.jpg
外へ。ここはビルの脇の部分。積み上がってるスーツケースは商品???


b0204492_23575578.jpg
外に出ると、すっかり夜でした。でも人が多くてネオンが明るて、香港って感じです。
b0204492_2358467.jpg
そこから15分ほど歩いて、、
b0204492_23582749.jpg
アベニューオブスターズの入り口へ。
20時になったら、15分ほどのイルミネーションショー、「シンフォニーオブライツ」が見られるのです。


b0204492_03884.jpg
このころ19時40分くらい、水辺にはたくさんの人が並んでます。
毎日やってる催しなのに、これだけの人が集まる香港。やっぱり観光客が多いんだな。


b0204492_05224.jpg
そして20時。
b0204492_05764.jpg
ビーーーームっ。
b0204492_06628.jpg
綺麗。。
今いるところの後方に巨大モニターがあって、そこから音楽が流れ、対岸の主要なビルが紹介されます。
それに合わせてビルのネオンがピカピカ光るんです。

対岸の香港島側から見ればこの九龍半島のビルが光ってるはずなんだけど、
やっぱりビジネス系の主要なビル(ピカピカ光るビル)は香港島側に多いので、定番は九龍半島からの観覧です。

b0204492_063491.jpg
そしてこの時間帯、大小の船が何艘も水辺を左右に行き来します。
船上から夜景を眺めるクルーズがあるのかな。


b0204492_0124955.jpg
そのあとアベニューアブスターズの方まで歩いて来たけど、時間帯のせいか人が多いので出なおすことに。



b0204492_0133954.jpg
ひとまず廟街(男人街)へ向かいます。



・・・・・・・・・・・・

お店情報

台湾料理『中国厨房・台湾牛肉麺』(China Kitchen)
九龍尖沙咀(チムサーチョイ)廣東道122號 中港中心地庫(中港センター地下)
営業時間:11:00~23:00



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここまでの出費(2人で):

宿代(重慶招待所) 30HK$ 、 昼食(中国厨房) 196HK$ など




次の日記

 
[PR]
雑記です。



行きたいリスト

飛行機の中で寝る
空港で寝る

個人的お役立ちアイテム(洗濯編)
個人的お役立ちアイテム(お金編)
[PR]
# by mammmmmi | 2013-06-16 23:37 | 雑記

2005年のヨーロッパ周遊前に作成し、以後ずっとお役立ちなアイテム。


新生銀行カード。


海外に行く際のお金の持って行き方として、

・日本の現金
・現地通貨の現金
・トラベラーズチェック
・クレジットカード

あたりがあると思う。

クレカのキャッシングはしたことないです。なんか不安なので。



新生銀行のカードには、PLUSという機能がついていて、
海外の提携ATMから現地の通貨が引き落とせるのです。

もちろん引き落とし元は自分の新生銀行口座になるので、ある程度お金を入れておかないといけないけど。


カードさえあればいいやってこともあるけど、ちょっとした時にやっぱり現金の方が使いやすいことがある。

もちろん日本円を都度両替するのもいいけど、両替商が見つけにくいこともあるし、
あんまり多く現金持ち歩くのも不安になったりするので。

何より、手段がいくつかあると、個人的には安心。




新生銀行カードでの現地通貨引き落としですが、海外ATMでPLUSって表示のあるところだと使えます。

カードを入れて、暗証番号入れて、引き出しを選んで、引き出す金額を入力します。
20$、50$、100$とかって選択肢の中から選ぶ感じ。

そしたらその金額が出てきて、レートプラス手数料が自分の口座から引き落とされます。

中国の中国国際商業銀行(ICBC)では、PLUS表示はなかったけど、引き落としできました。






それから新生銀行は、日本国内だと郵便局ATMで使えます。
コンビニだとセブンイレブンのみ対応してます。

しかも盆暮れ正月GW含めて年中無休&手数料無料!!

便利ですね。
[PR]
# by mammmmmi | 2013-06-16 23:36 | 雑記
2005年にヨーロッパ周遊した時から、だいたい毎回持って行ってるアイテム。

スイムタオル。(セームタオル)

大き目のもので1500円くらい?
水を良く吸ってくれて、簡単に絞れて、乾くとパリパリになるやつです。



これをどう使うかというと、まずはバスタオル代わり。
普通のタオルも持っていったりするけど。


それよりもお役立ちなのは、お洗濯の時。


靴下とか細々したものを日数分持っていくのはかさばるので、だいたい3~4日分にして、現地で洗濯することもしばしば。

洗剤を持参して、宿の洗面台とかで手洗いします。


それで乾かす前に手でしぼるのも限界があるので、スイムタオルを使います。

1.洗濯ものを手で絞る

2.洗濯物をスイムタオルの上に広げて、くるくる巻くとかしてスイムタオルごと絞る。

3.で、広げるとタオルが洗濯物の水分を吸いこんでるので、タオルを絞って水分を抜く。

4.洗濯ものからある程度水気がなくなるまで、2~3を繰り返す。



これやって干すと、通常よりも早く乾きます。

カットソーとかの場合は、袖とか身頃とかで何回かに分けて絞ります。





そうそう、洗面台に栓が無いことも多々あるので、栓代わりにゴルフボールを持参するとゆー手もあるそうです。
ボールの直径までならサイズを選ばずに栓になってくれるから。

実際に使ったことはないけど、ちょっとなるほどと思いました。
[PR]
# by mammmmmi | 2013-06-16 23:07 | 雑記
2/21 木曜日

マカオ3日目&マカオ最終日


8時に目が覚めたけどぐだぐだと寝てしまい、起床したのは9時でした。
本日は check out です。

今日は荷物を預けてマカオタワーにいって、午後の船で香港へ行く予定。
船着き場まではホテルリスボアから無料のシャトルバスが出ています。


で、下調べでは、
「リスボアからシャトルバスに乗るためには、バスチケット(無料)をカジノの窓口等で前もって貰っておく必要がある」と書かれていたのです。
じゃあ前もって手に入れておかねば。


ので、チェックアウト後にコンシェルジュに荷物を預けた際、「港までのシャトルバスにチケットは必要?」と聞いてみたのですが、「No need」とのお返事。

本当ーーーーー???


とりあえず外に出て、ホテル目の前の広場にあるバス停「亞馬利前」のバス停から、「遊郭塔」行きのバスへ。
2~3停分走ると、遊郭塔(マカオタワー)に到着です。


さっそく現金が少なくなってきたので、マカオタワーの中に入って左方向にある両替商へ。
レートは7.93なので 10000円 → 793HKドル のはずなのに、よく分からないお金(手数料?)をとられて、手元に来たのは 760HKドル でした。


そしてタワーに上るべく、地下に降りてチケット売り場へ。
Adult 130 HK$ の表示を確認して「2人」と伝えると、なぜか2人で130HK$に。

まさかの子供料金か!?

欧米でなら分かるけど、マカオ人と日本人じゃ見た目に大差ないから、成人か否かなんて分かるでしょーーーー!?

b0204492_035733.jpg
オープン直後くらいの時間(10時台)に行ったので、展望デッキはガラガラ。


b0204492_022407.jpg
外の眺め。
b0204492_0364542.jpg
外の眺め2。隣の島かな?
b0204492_0372094.jpg
外の眺め3。グランドリスボア。

b0204492_0381053.jpg
そしてマカオタワーと言えばこれ!!!の、バンジージャンプ受け付け所。
b0204492_0403468.jpg
バンジーを体験した有名人たちの写真展示。
日本人もちらほらいて、松山ケンイチとか錦戸亮とか内藤大輔とか。なんか意外。


b0204492_0424756.jpg
バンジージャンプと別に、スカイウォークなんてのもあります。

b0204492_0431547.jpg
外のヘリの部分。
ここを歩けるんです。6000円くらい。

スカイウォークならやってみたいなと思ってたけど、いざ窓の外見ると怖い。
そして何よりT氏が高所恐怖症なので付き合ってくれない。


b0204492_045711.jpg
ので、パネルの前で、形だけバンジージャンプ気分。



b0204492_0465976.jpg
それから、世界各国の有名タワーの高さをシルエットで示してるコーナーがありました。
マカオタワーだけ縮尺オカシイ。


b0204492_0485288.jpgb0204492_049173.jpg
T氏がよじ登りだしたので、


b0204492_0513831.jpgb0204492_052687.jpg
あたしも。


楽しめたところで、階下に戻って軽食屋さんでパン買って朝ごはん。


1階からエントランスと逆側に抜けられるドアがあったので、外に出ました。

b0204492_0595735.jpg
そこは、マカオタワーのすぐ下で、バンジージャンプの降り場でした。
これ、まさに人が降りてきてるところなんだけど、タワーが高いので分かりにくい。。

b0204492_10581.jpg
糸に吊るされているような小さい黒い丸、これ人です。

b0204492_115121.jpg
タワーに上らずともこれを見物してるだけで楽しいのか、20人くらい人がいました。


b0204492_13591.jpg
挑戦してたのは日本人の女の子2人組みでした。1人がまずジャーンプして、しばらくしてもう1人。

b0204492_141397.jpg
無事降り立った挑戦者には、見物人から拍手が贈られます。
この時降り口のすぐそばで見物していたインド系の方々は、飛んだのが女の子とゆーことに感動したらしく、拍手と栄光をたたえる言葉をかけた後に、握手と記念撮影までしてもらってました。


マカオタワーでバンジージャンプすると英雄になれます。
それにしても本当にすごい。。
(スカイダイビングは体験したことあるけど、あれの踏み出す一瞬は本当に怖かった。。。)



b0204492_1134392.jpg
それからバスでホテルリスボアまで戻りました。
荷物を受け取って、バス乗り場方向の出口を聞いて、外へ。

誘導係の若いボーイさんが、ニコニコと人の良さそうな感じで素敵でした。
どこから来たか聞かれたので、「from Japan」と答えたら、「またマカオにキテクダサイネー」と。

お仕事がんばってる感じがとても好感の持てる人でした。


それからやっぱりシャトルバスに事前チケットは不要だったみたいで、そのまま来たバスにのって港へ。
港の2階でチケットを買います。


九龍行きのチケットカウンターを尋ねて案内されたのは、ターボジェットでした。
あれ???

九龍行きは新渡輪(ファーストフェリー)で、ターボジェットは香港島か空港行きのはずでは??
※2010年版のガイドブックではそうなってたし、2010年の旅行でもそうだった。

変わったのかな。



b0204492_120518.jpg
とにかくも13時発ターボジェットの九龍行きチケットゲット。

b0204492_120313.jpg
結局行かずじまいだったこちらのカジノ群にも別れを告げ、香港・九龍半島に向かいます。




続く


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここまでの出費(2人分):
バス 6.4HK$×2 、 タワー65HK$×2 ←半額!? 軽食 55HK$、 
ターボジェット 139HKドル×2



次の日記
[PR]