<   2013年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

旅程:
2008.12.21~12.24の4日間。


費用:
航空券+燃油 53500円
ホテル ツインで1人3泊8000円くらい(日本から予約)
その他1日2~3千円として、合計7~8万円?(未集計)


旅程:
1日目 台湾に昼過ぎ着いて夜市とか
2日目 九份
3日目 なんとなく淡水、そして永康街、そして寺
4日目 昼過ぎの便で帰国


旅日記 
1.旅行前
2.パスポート紛失しかけた
3.台北散策と小龍包
4.夜の長い台北
5.バスに揺られて九份へ
6.台北101と夜食のおかゆ
7.淡水をお散歩
8.永康街をお散歩
9.龍山寺でおみくじ



以下作成中




台北は日本語が分かる人も少なくないし、コンビニも多くて日本に似ている。
治安の悪い印象もなく、旅行しやすい街だなと思いました。ただ今回は下調べ不足だった。。
もしまた台湾に行くなら今度は日程多めで内陸も回りたいな。
[PR]
12/23続き

永康街をあとにして、晩御飯食べるために移動。


忠孝敦化駅で下車して、香港料理屋さんへ。
b0204492_23594920.jpg

ワンタン麺食べました。


まだ少し時間あったので、誠品デパート?に。
地下に雑貨屋さんが入ってて、この時期だからかカレンダーがたくさん売ってたり。

せっかくだから何か買おうかなと思ったりしたけど、「これ可愛い!」って思うものが割と日本製だったりしてw
もしかしてわざわざここで買うことないのか!?

服や靴も、買うつもりはないんだけど物色。
で、ここで見つけたMACANNAってブランドの靴(パンプス)がとってもかわいかったのです。
インソールにも絵が入ってて、靴裏もなんだか凝ってて。

7000円とかだったので、あまり高くないしSと買おうか迷ったんだけど、でも 1960 Italy って書いてあるから、「イタリアのブランドなら日本でも探せばあるんじゃないの?」って話になり。
じゃあここで買わなくてもいいか、と。

ところが帰国して調べたらやっぱりこれ台湾のブランドだったらしい。
イタリアのブランドなわけではなく、 Italy ってのも含めての企画的な。なんだそりゃー。



そんな感じで誠品を後にして、次に向かったのは龍山寺。
b0204492_02222100.jpg
台湾で最も古いお寺なだけあってかっこいいのです。

とっくに夜なんだけど、まだ開いてた。

b0204492_0331531.jpg
参拝客も意外といるし。

b0204492_0341646.jpgb0204492_0342952.jpg



みんな積み木みたいな木片を地面に転がしてからお祈りしてるので、真似っ子。
b0204492_152715.jpg

これ。
落ちた時に、1つが表、1つが裏向きだったら吉なんだそうです。
で、吉が3回連続したらくじ(木札)を引ける、と。

しかしこれでは終わらない。

引いたくじ(木札)には番号が書かれているんだけど、本当にこの番号でいいのか神様にきいて、再度木片を投げる。
そして吉が3回続いたらOK。該当する番号のくじ(紙)を引く。
吉が3回続かなければ、もう一度木札を引く。。。

終わるかーーーーー。


・・・とか思ったけど、意外に2回めくらいで紙のくじに辿り着きました。
結果は、、

b0204492_0451958.jpg


おぉぉ、なんだか悪くない。

目前病訟不須憂
格好繁猿今脱鎖
實地資財儘可求
得*仙洞去来遊

読めないけど…、読めないけど、なんか良いこと書いてある気がする。
ありがとう龍山寺。


b0204492_0515196.jpg


b0204492_0521680.jpgb0204492_0523029.jpg



そして帰りには近くの商店街へ寄り道。

b0204492_054849.jpg
食堂らしきところのショーケース?に、白蛇さんいました。
えっとこれはまさか食用ですか???



そろそろいい時間になってしまったので帰ります。
明日は帰国日です。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
12/23の出費:

MRT(西門~淡水)50NT$、 スーラータンメン 65NT$、 夕食の海老ワンタン 85NT$、
MRT(淡水~大安)60NT$、 バッグ450NT$、 バーガー屋さん175NT$、 土産ビール3つ100NT$、
MRT(科抜大楼~忠孝敦化)25NT$
[PR]
2/19


がんばって6時半に起床!
雲行きあやしかったけど雨降ってなくてよかった。

空港について、キャセイで手続き。
早めに着いたから空いててよかったー。
b0204492_0463575.jpg

香港空港からそのまま船でマカオに行くつもりなので、一応荷物について確認。

「空港でマカオの船の手続きするときに、荷物の半券を提示して下さいね」とのことでした。

b0204492_0482621.jpg
b0204492_0484314.jpg


そして迷ったのは、iPhone の設定をどうするか ということ。


設定変えずにそのまま行くと、iPhoneが使えてしまうので、うっかり高額請求になるんだそうで。
simカードを抜いてしまうとゆーのが一番確実っぽいんだけど、それをどう保管するよ!?ってことで、

色々調べた末に機内モードON。
こうすることでiPhoneはただのカメラ付きゲーム機となり、通信ができなくなる。

んで今回泊まるホテルの中には無料のWi-Fiがあるところもあるので、そういうところでは
機内モードONのままWi-FiをONだそうです。


大丈夫かなーとドキドキしながらいよいよ搭乗。


b0204492_102675.jpg

なんか飛行機が大きくない気がする。。。
飛行機苦手なT氏が不安気に。

しかもEチケットではさも直行便かのように書かれているのに、実際に乗ると「台北経由で」的な放送。
マジか。

そしてT氏の一言: 「2回も飛ぶの!?」

うーむ。経由便って待ち時間めんどいとか移動時間が長いとかそういうことしか考えたことなかったけど、
苦手な人には離着陸2回あることが問題なのね(汗)

b0204492_155249.jpg

離陸してすぐ、前のおねーさんが遠慮なく席倒してきました。
MAXまで倒してんじゃないかってくらい。狭いよ!!!


そして運ばれてくる機内食。
「豚肉とご飯」か、「牛肉と玉子のチャーハン」かと聞かれたので、チャーハンを注文。

てっきり『牛肉玉子チャーハン』だと思ってたのに、開けたら
b0204492_16876.jpg

本当に「牛肉」と「玉子のチャーハン」だった。
残念。。。


そういえば機内食でそばを食べる確率が結構高い気がする。
思えばそれ全部キャセイだったのか、それとも共通してそばが出る傾向にあるのか、どっちだろ。


そして前のおねーさんは、相変わらずシートMAX倒し。
どんな姿勢で飯食ってるんだよ。



そして経由地の台北に着く前に再び放送が。

・台北では、飛行機を降りて待合所にいることもできる。その場合は、30分ほどで機内に戻ってこないといけない。
・機内に留まることもできる。その場合は、機内清掃と手荷物のチェックが入る。
・降りる場合は、必ず手荷物を持っていくこと。誰のかわからない荷物は、清掃の際に処分する。


待合所の方がゆっくりできそうだし、休憩がてら降りることに。

空港の建物内に入ると、目の前に搭乗待ちの椅子がある部屋をスルーしてなぜかその脇の通路へ。
んで、係員にtransit card と書かれた 厚紙の札を渡される。

トランジット!? また同じ飛行機に乗るんだけど。
もしかして違う飛行機に乗せられるのかとこの時点で意味不明。

よく分からないまま前の人が行く方向に向かうと、上に見える案内板は ↑transit
えっとあたしたちは一体どこへ。。。



そしてしばらく歩くと地上係員が「Hong Kong~」と、『ホンコン行きの人はこっちよー』的に右の部屋に案内してる。
入った部屋の中は手荷物検査のゲートが1つ。


本当に違うところに連れて行かれるんじゃないかと心配になってきたころ、後ろに並んでいた別の日本人同士が「あの、香港行きですよね?ここに並んでて大丈夫ですよね」的な会話をしている。

みんな不安なことがわかってちょっと安心。



検査のあとは元来た方向にみんな進み、その先には乗ってきたのと同じ便の搭乗待合室がありました。
そうそうさっき通路から見えてたのこの部屋だよ。
戻ってきた!よかったー。
b0204492_130454.jpg

待合室には台湾のスポーツの歴史展示みたいのがあったんだけど、1人だけよく分からないアスリートの絵が。
b0204492_1303869.jpg

この人。
陸上選手にしてはむっちりしている気がするし、かといってなんのスポーツか分からない。



そして2度目の搭乗。

シートMAX倒しのおねーさんとその友人は機内に残ってたようでした。
そういえば機内に残ってた人の手荷物検査ってどんなんだったんだろ。気になる。



そして、まさかまた機内食が!? ・・・と思ったけど、出てきたのは軽食でした。
さくさくしたパンに、ハムとチーズとピクルス。そしてリンゴジュース。おいしい。


b0204492_1352670.jpg

台北から1.5時間、香港空港に到着します。



続く。




次の日記
[PR]
2/18

2年ぶりの海外旅行。
T氏にとっては高校の修学旅行以来、10年以上ぶりの脱日本。


今回は宮崎発。
とった飛行機が福岡を朝発だったのでお仕事終わって夜のうちにバス移動することに。


宮崎市から福岡市への夜のバスは、

20時発の高速バス→24時頃に博多着 2500円  と、
もっと遅くに出発の夜行バス→眠る時間を程良くとって朝6時くらいに博多着 6000円 があります。


眠りたかったので夜行バスを検討したけど、2人で1泊5000円弱のビジネスホテルを博多に見つけたので、普通の高速バスで行くことに。
バスよりお宿の方がちゃんと眠れそうだしね。



20時にバスが出発して10~20分後、異常事態発生。


誰かの足が臭い。



T氏かと思ったけどそうではなかった。(ごめんよ。)
犯人不明。

前の席にいるカップルの彼氏か、後の席のおねーさん2人組か、
はたまた列隣で靴脱いで転がって寝てるおねーさんか。←有力説。


仕事終わりで疲れた体、
バスという密閉空間、
長距離移動という車酔いの不安。

そして発生源の分からない悪臭。。。



マスクをつけたとは言え、いきなりT氏が具合悪くなるというトラブルが発生し、こちらもこちらで車酔い防止のためにひたすらイヤホンで音楽を聴き続け、深夜0時頃、博多に到着。



そして予約していたお宿、ホテルコムズへ。
セミダブルに2人宿泊のプランで、2人で1泊4800円。素敵。




時間も遅いので「博多ラーメンを」というわけにはいかなかったけど、久しぶりの福岡ローカル番組を楽しみ、明日は6時半起床の予定です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【2/18の主な出費】

高速バス2人で5000円(事前購入)、ビジネスホテル2人で4800円、
うどん2人で700円、コンビニで夜食など1500円



次の日記
[PR]