カテゴリ:雑記( 6 )

雑記です。



行きたいリスト

飛行機の中で寝る
空港で寝る

個人的お役立ちアイテム(洗濯編)
個人的お役立ちアイテム(お金編)
[PR]
by mammmmmi | 2013-06-16 23:37 | 雑記

2005年のヨーロッパ周遊前に作成し、以後ずっとお役立ちなアイテム。


新生銀行カード。


海外に行く際のお金の持って行き方として、

・日本の現金
・現地通貨の現金
・トラベラーズチェック
・クレジットカード

あたりがあると思う。

クレカのキャッシングはしたことないです。なんか不安なので。



新生銀行のカードには、PLUSという機能がついていて、
海外の提携ATMから現地の通貨が引き落とせるのです。

もちろん引き落とし元は自分の新生銀行口座になるので、ある程度お金を入れておかないといけないけど。


カードさえあればいいやってこともあるけど、ちょっとした時にやっぱり現金の方が使いやすいことがある。

もちろん日本円を都度両替するのもいいけど、両替商が見つけにくいこともあるし、
あんまり多く現金持ち歩くのも不安になったりするので。

何より、手段がいくつかあると、個人的には安心。




新生銀行カードでの現地通貨引き落としですが、海外ATMでPLUSって表示のあるところだと使えます。

カードを入れて、暗証番号入れて、引き出しを選んで、引き出す金額を入力します。
20$、50$、100$とかって選択肢の中から選ぶ感じ。

そしたらその金額が出てきて、レートプラス手数料が自分の口座から引き落とされます。

中国の中国国際商業銀行(ICBC)では、PLUS表示はなかったけど、引き落としできました。






それから新生銀行は、日本国内だと郵便局ATMで使えます。
コンビニだとセブンイレブンのみ対応してます。

しかも盆暮れ正月GW含めて年中無休&手数料無料!!

便利ですね。
[PR]
by mammmmmi | 2013-06-16 23:36 | 雑記
2005年にヨーロッパ周遊した時から、だいたい毎回持って行ってるアイテム。

スイムタオル。(セームタオル)

大き目のもので1500円くらい?
水を良く吸ってくれて、簡単に絞れて、乾くとパリパリになるやつです。



これをどう使うかというと、まずはバスタオル代わり。
普通のタオルも持っていったりするけど。


それよりもお役立ちなのは、お洗濯の時。


靴下とか細々したものを日数分持っていくのはかさばるので、だいたい3~4日分にして、現地で洗濯することもしばしば。

洗剤を持参して、宿の洗面台とかで手洗いします。


それで乾かす前に手でしぼるのも限界があるので、スイムタオルを使います。

1.洗濯ものを手で絞る

2.洗濯物をスイムタオルの上に広げて、くるくる巻くとかしてスイムタオルごと絞る。

3.で、広げるとタオルが洗濯物の水分を吸いこんでるので、タオルを絞って水分を抜く。

4.洗濯ものからある程度水気がなくなるまで、2~3を繰り返す。



これやって干すと、通常よりも早く乾きます。

カットソーとかの場合は、袖とか身頃とかで何回かに分けて絞ります。





そうそう、洗面台に栓が無いことも多々あるので、栓代わりにゴルフボールを持参するとゆー手もあるそうです。
ボールの直径までならサイズを選ばずに栓になってくれるから。

実際に使ったことはないけど、ちょっとなるほどと思いました。
[PR]
by mammmmmi | 2013-06-16 23:07 | 雑記
行きたいところが常にあります。


いつからだったか忘れたくらいもうずっと行きたいのは、

・マチュピチュ
・ウユニ塩湖
・インド


The・王道すぎる秘境☆




時間とか費用とか衛生や治安の不安なんかでずっと行けないでいるけど。


そのほか、気になるところはメモで留めておいたりしてるので、行きたいところがたくさんあります。

・イスタンブール←きれい
・イエメンのサナア←旧市街がカッコいい
・クロアチア ←可愛い
・プロチダ島 ←色が良い
・モロッコ ←なんとなく
・チェコ ←可愛い
・スペインを周遊 ←南欧の田舎が素敵
・ギリシャ ←青と白のコントラストが 
・青の洞窟 ←綺麗
・チンクエテッレ ←岩場の感じが
・アルベロベロ ←建物が見たい
・バオバブ見に ←見たい
・アンコールワット ←カッコいい
・ブラジルのレンソイス ←綺麗
・中国・北京の胡同 ←素朴な感じが
・中国の西塘 ←水辺の古都って素敵
・ハルシュタット ←綺麗!
・ソコトラ島 ←面白そう
・バガン ←幻想的
・ピオダオ ←建物が独特
・モロッコのメディナ←青と白の世界!
・スペインのルピット←古い村って素敵
・スロベニアのピラン←海辺の街って良い!
・西インドのジャイサルメール←たてものがカッコイイ
・ポルトガルのアゲダ ←パラソルが吊るされてる時期に

あとはストックホルムにも行きたいしシチリアにも行きたいしチベットも気になるけど。



行きたいところを明確にしておくのは、何かの折に実際に行く機会に繋がるので便利。

中国の鳳凰も、行きたいリストの中から旅先候補にあがったもの。

そうして、旅の日程や季節(雨季とか)や予算で絞っていって最終的な行き先を決めるのです。
(決めた後で、改めて周辺の観光地とか調べて旅程を詰めます)


ただ、行きたい場所がこんなに増えても旅行の機会はさほど無いので、
いざ機会があっても「この中から1つしか行けないのか…」って思えてしまう昨今。

「長期放浪したい!」と思ったことはあったけど(今も思ってはいるけど現実感は薄れてきた感じ)、
「行きたいリスト」の多くが「行ったリスト」に移行するのはいつになるかなぁ。
[PR]
by mammmmmi | 2013-06-15 00:05 | 雑記

空港で寝たことが何度かある。

といっても危険な場所に行ったわけではないので、
これまで空港内で寝たのは、リスボン、上海、シンガポールのみ。


うちわけは、

リスボン … 出発が朝早かったから
上海   … 乗り継ぎで、夜上海着→朝上海発だったから
シンガポール … 深夜の乗り継ぎ便に乗り遅れたため



乗り遅れはともかく、初めから空港泊のつもりで行く時は、実際に寝るスペースがあるのかちょっと心配。
そんな頼りになる便利なサイト。

名前もそのまんま、 The Guide to Sleeping in Airports

検索バーに空港名を入れると、口コミが出てきます。
安全性とか清潔度とか、寝られるような長椅子の有無とか、深夜でもお店があるかとか書かれてて便利。



2008年にポルトガル行った時か、それよりもっと前に知ったサイトなのだけど、
今も運営されてるってことはやっぱり重要があるんだなぁ。


ちなみに2012年の1位はシンガポールのチャンギ空港、2011年もチャンギ空港。
うん、チャンギ空港は寝るスペースも無料のPCもお店も充実してて本当に素敵なので納得です。



ただ空港の場合は明るかったり空調で寒かったりするので、アイマスクとか掛け布団代わりになる上着とかあると便利です。


あと眠くない&眠れない時は、だいたい日記を書いてます。
一人だったら数独してたり。。

PC持ち歩くような旅行はしたことないので、適度な時間つぶしアイテムって重要。
音楽は持って行ったことないけど、今は携帯がスマホになったので、次1人で空港に泊まるときは音楽聞いて過ごすかもなぁ。
[PR]
by mammmmmi | 2013-06-13 23:54 | 雑記

飛行機に限ったことじゃないけど、座席はどうも寝ると首が痛くなります。

シートの頭の位置が合わないのです。
あれに合うのってよっぽど背が高い人だと思う。。


首まくらがあると大分楽なんだろうなぁとは思いつつも、
ただでさえ荷物を減らしたいのに、機内でしか使わないアイテムをわざわざ持つ気にもなれないというか。


とゆことで、乗るときには必ずパーカーとか脱ぎ着のできる上着を着て行って、寝る時にはまるめて首の後ろから肩にかけて枕代わりにセットします。
これでだいぶ楽。


あと、備え付けの毛布と別にもう1枚毛布を貰って、畳んで腰の後ろや背中にセット。
これもだいぶ楽。


上着を背中~腰クッションにして、タオルとか別のものを首クッションにしたりもするけど。
なんにしても、背当てと首当ては重要だなと思います。



それから、案外いいなと思ったのはアイマスクでした。
これも「機内オンリーグッズ」なのでわざわざ要らないと思ってたんだけど、
目の前暗くなるだけで全然違うし、心なしか周りが気にならない気がする。

そして何より、空港で寝るときに役立つ。

空港明るくて寝にくいからね。




あとは足の位置が安定しない&しばらく動かなさいと膝が痛くなるのをなんとかしたいんだけど、こっちは未だ模索中です。
[PR]
by mammmmmi | 2010-08-29 22:50 | 雑記