22.天門洞への階段を登りきる

8/15 続き4

b0204492_16292156.jpgb0204492_16294616.jpg
天門洞に到着しました。
バスを降りた場所は休憩エリアになっていて、飲食コーナーや売店がありました。

b0204492_16331072.jpg
そしてここにもやっぱり、民族衣装で撮影コーナー。


b0204492_16343324.jpg
長く続く階段のスタート地点まで登ると、そこにはお線香。
せっかくなので、お祈りを。


b0204492_16365154.jpg
いざ上りますっっ。999段あるらしいけど、数えてないので実際は不明。
階段はそれほど急じゃないので「大丈夫じゃん」と思ってたけど、途中で角度が替わるのでやはりキツイ。
そして頂上までに、両側に踊り場エリアが2つずつあって、そのうち1か所ではカラオケみたいな感じで歌が歌われていました。ボリューム大きくて煩い。。
b0204492_16353875.jpg
この頃まだ元気。

999段もあると一気に登るのは大変。途中には休憩している人が何人もいます。
あたしも足が重くなって、ところどころで休憩。
b0204492_16355456.jpg
そして元気なS。

さっき上の西線ルートで見かけた白人のおばちゃまが休憩していました。
ポルトガル語が聞こえたのでもしかしてと思い、「ポルトガルからですか?」と質問。
やっぱりそうでした。以前旅行したことがあるのでなんだか嬉しい。
「ポルトガル語少し勉強しました」と伝えると「ここで?向こうで?」と訊かれて一瞬混乱。
…どうやらあたしを中国人だと思っていたらしい。当たり前だよね。
「日本人です」って言ったら分かってくれたけど。

周りをよく見たら、白人さん達が何人もいました。多分同じツアーなんだろな。
その中に、黒地に白で「中国之旅」って描いたTシャツ着てる兄ちゃんが2人並んで上ってて和みました。


ラストの数十段は、全部急な階段。
そこを一気に駆け上がり、先に到着していたSにやっと追い付いて、ゴール!!!
20分ちょっとかかったかな、すがすがしいーーーーー。

b0204492_1657332.jpg
龍のオブジェと記念撮影。洞の部分を両手で支えるポーズで写真を撮る人が何人もいました。


b0204492_16562332.jpgb0204492_16591926.jpg
中に進むと、ここにも鍵エリアと巨大な鍵オブジェ。
ちょうど白人さんツアー隊(の一部)も到着したみたいで、記念撮影してました。
坊主に中国服って似合いすぎて反則だと思うw


b0204492_175563.jpgb0204492_1742528.jpg
ところでこのエリア、時折上から水の粒が降ってきます。
天門洞の上の方に更に小さな洞があるみたいで、そこから流れ落ちた水が風に吹かれて無数の粒になって斜めに降ってくるのです。
雨よりも大き目の粒で、まともに当たると結構痛い。。


あたしやSは「水が落ちてくるのねー」って感じだったけど、白人さんには「東洋の神秘」と映るのか、目を閉じて水を浴びながら熱心にお祈りされていました。


天門洞の向こう側は、降りられるように階段があったんだけど工事中っぽかったです。
また、下の休憩エリアからここまでケーブルカーで資材が運ばれていました。
そのうち人を運ぶケーブルカーもできたりするんでしょうか。


b0204492_17105639.jpg
ひととおり楽しんで、疲れも取れたので今度は降ります。
下りも急!! 急なところは幅も狭いし、階段苦手な人はちょっと大変かも。


b0204492_17123869.jpgb0204492_17125526.jpg
b0204492_1713576.jpgb0204492_17131992.jpg
帰りの踊り場エリアで、カメラを固定してタイマー撮影。天門洞までばっちうまく撮れましたー。
旅行のために買ってたミニ三脚、やっと役に立った気がする。


b0204492_171686.jpgb0204492_1716196.jpg
一番下まで行ったら再びシャトルバスに乗って、ロープウェーの中腹駅に戻ります。
この時一緒にバスに乗ったのがあの白人団体の皆さまで、この時だけヨーロッパ旅行みたいな気分に。
中腹駅に着いた時点で、18時くらい。
帰りのロープウェーが何時までなのかは分からないけど、行きと違って知らない人と6人で乗せられました。
白人さん2人、中国人女の子2人、そしてあたしたち日本人2人。
*ちなみに上りのロープウェーは、16時半くらいで締め切りのはず。


b0204492_17231195.jpg
無事に下に到着しましたー。
ロープウェー乗り場の向かいにはバス停が。何番に乗ればいいか分からなかったけど、一緒にバスを待っていたサングラスのお兄さんが手を挙げて止めたバスには、「市内」の文字。
そのバスにあたしたちも乗って、再び解放路へ。スーパーのある中心地の通りです。


b0204492_16302160.jpgb0204492_1630385.jpg
昨日と同じご飯屋さんで、晩御飯。
今日は小龍包と炒飯とチジミを頼んで、2人でシェア。3品で22元(約300円)でした。


その後は宿に戻って荷物を受け取り、空港へ。
宿の向かい側(廻龍路の長距離バスターミナル側)から手を挙げて4番バスに乗りました。
バスの番号はあってるけど方向が合ってるか分からないので、他の乗客に「是至空港?」って訊いたら、お兄さんが「是、是(yes)」と言ってくれたのでひと安心。
空港の入口の門の少し手前でバスが停まりました。



これから日本に帰りますー。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【8/15の出費(朝~空港までのバス賃までの出費)】
スーパーで買い物 10元、朝食など9.6元(2人)、天門山入山料258元+保険3元、水5元(2人)、
菓子やジュース20元(2人)、リフト23元、バス3回12元(2人)、夕食22元(2人)、

total:68.6元(2人)+294元(個人)→1人分328.3元
[PR]