17.張家界のスーパー周辺と晩ご飯

8/14 続き3


武陵源地区の長距離バスターミナルから、バスに揺られること約40分。
張家界市内に戻ってきました。


が、降りたあとで悲しい事態が判明。

Sのトイデジ(カメラ)が無いらしい。

ええええええ。
あなたずっと持ってたじゃない。


メインで使っているカメラは無事なのですが、それとは別に何十枚と撮影していたカメラが迷子とのこと。
武陵源の中では写真を撮っていたから、ゲートを出た後で無くしたのか、武陵源バスターミナルまでの車内に忘れたのか、張家界に戻ってくるバスに忘れたのか。。。
一応リュックの中身も全部開けてみたんだけど見つからないようでした。

あたしメインのデジカメ無くしたことあるから、そのショックは分かるよ。



………

落ち着いた(?)後で、中心地にある建物へ。
b0204492_15113574.jpg

割と大きなこの建物、名称は忘れたけど歴史ある建物みたいです。
場所は、張家界祥龍国際酒店って有名そうな大きいホテルの正面にあります。
昔ながらの建物を改装して、中にはお店や医院が入っています。
1階部分には、スーパーマーケット。

A.Bestってあるけど…、A.COOPのロゴだよね??
「エーコープって中国にも進出してるの?」
「いやパクリじゃね?」


てことで、エーコープのロゴをお借りしてみました。
b0204492_15364843.gif

パクリだったww そもそも配色が逆だしw


スーパーは後のお楽しみに取っておくとして、階段を上って上に行ってみることにしました。
上の方が門のようになっていて、向こう側に抜けられそうだったからです。

b0204492_15573268.jpg
上ったところにいたのは、ライオン(?)
しかも人間の子どもがおちちを飲んでいるような像だった気がする。
アマラとカマラ的な。


その向こう、建物の裏にあたる部分は、なんだか歴史的資料広場な感じでした。

b0204492_15595110.jpgb0204492_160743.jpg

広場のど真ん中には、昔の関所の再現っぽいものが。
「歴史がぼんやりのうちに君と僕に歩いてくるような感覚させられる」 …日本語が残念。


b0204492_1610468.jpgb0204492_16105613.jpg
左:関所の上の方にあった彫り物。
右:柱の彫刻。ミャオ族関係だったかな。

b0204492_169717.jpgb0204492_1692867.jpg

左:牛の頭蓋骨。ミャオ族の信仰に関するものだったと思う。
右:資料館の前にあったカメ。使用目的の説明書きがあったけど内容は忘れました。


この広場の奥正面に、ユースホステルを見つけました。
下調べでは張家界市内にはユースホステルが2軒あるっぽかったので、多分その1つ。
外から見た印象では、結構綺麗な感じでした。
値段は分からないけど、もし最初にこっちの宿を見つけていたら宿泊していたかもしれません。


広場の奥の方には、お茶屋さんなどお店が並んでいました。
そんなに活気づいていない感じだったので、まだ時間が早かったのか、逆に遅かったのか。。
b0204492_16251151.jpgb0204492_16254215.jpg
b0204492_1626921.jpgb0204492_16262185.jpg
b0204492_16263116.jpg
昔の中国らしい建物のせいか、どこか落ち着いた印象の通りでした。


………


それから、また階段を下まで降りて来て、晩御飯を。
b0204492_16295658.jpg
スーパーのあるこの建物の左隣りに、食堂のようなお店があったのです。

b0204492_16303711.jpgb0204492_16304610.jpg
入ってすぐ左に、メニューの書かれた板とレジカウンターがあります。
ここで注文をして、奥のスタッフにレシートを渡す仕組みらしい。

メニュー、全く読めないわけじゃないんだけど、理解できないものも多々。
嬉しいことに写真入りのメニューもあったので(でも全部の料理が記載されているわけではない)、
それを指さしながら注文。


b0204492_16351387.jpg
炒飯と焼き餃子と炸醤粉(麺じゃなくて、ビーフン)を頂きました。
全部1品ずつ頼んで、2人で半分こ。餃子は思っていたよりも大きくて食べきれず。
しかもこれで合計20元(約260円)
ご飯ものや麺類を頼むとスープが付いてきます。
少し薄かったけど、テーブルに置かれた醤油(?)を少したらすと丁度いい味になりました。



…………
そしていよいよスーパーへ。

このスーパー、入ってすぐ右奥にはコインロッカーのコーナーがありました。
「明日チェックアウト後に荷物をここに入れられるかも?」なんて思ったけど、小さめのボックスのみ。
バックパックを入れるのは無理なようです。

スーパーは、こんなところにあるにしては(←失礼)割とセキュリティのしっかりしたところで、入口にゲートっぽいのがあります。
ゲートの隣には店員のお兄さんが立っていて、カメラを提げて入ろうとすると注意されます。
撮影禁止らしい。


スーパーの写真って、その国らしさがあって好きなのに。。残念。

中にはお土産用っぽいお菓子やお酒も売られていて、野菜なんかはバラ売り。
米や豆や粉類も量り売りでした。
飴やグミなどの小さいお菓子も、小分けの袋に入った状態で量り売りでした。(一部だけど)
品揃えはかなり良かったです。
中華調味料の数の多さにちょっと笑いました。さすが中国。
あとティッシュとか歯磨き粉とかの生活用品も充実していて。


なんか牛乳が飲みたかったので小さいのが欲しかったんだけど、なぜか売り切れ。
無いと余計に飲みたくなって、最終的にペットボトルのカルピスウォーターもどきを。


そしてこのスーパー、出口ゲートにもお兄さんが立っています。
お兄さんにレシートを見せて、チェックを入れてもらうんです。
支払い直後にレシート捨てたら危険。



スーパーには2階もありました。
一旦外に出てカルピスを3口ほど飲んだ後で、2階に行くために再入店。

カルピスのボトル片手にエスカレーターを上がると、
入口ゲートのお兄さんが追いかけてきました。

よく分からなかったけど注意されてるっぽいので、カルピスのレシートを見せました。
レシートを確認して去っていくお兄さん。
万引きを疑われたのだろうか。(確かに商品持って階を移動したのは悪かったかも)


2階は文具とか生活雑貨とか衣類の売り場になっていました。
本物かよく分からないディズニー文具とか、リラックマのパクリみたいなキャラのクレヨンを見て、最終的にピンイン練習帳(0.4元)をお買い上げ。
安いし、表紙のひよこのイラストが可愛かったのです。


その後1階に行くとSがまだお買い物中。お土産にするらしい。
時間がかかりそうだったので、先に宿に戻ることに。

b0204492_1722586.jpg
あたしもお土産用にとお酒を1本購入。
帰国後に開けたのだけど、個人的に残念な味でした。
アルコール52%って時点で既に危険なんだけど、よく分からない風味に更にやられました。
お土産はお土産のまま飾っておくのがいいのかもと実感。



………

b0204492_1765226.jpgb0204492_177567.jpg
b0204492_1771546.jpgb0204492_1772754.jpg
そして1人で歩く夜の張家界。(21時くらい)
市内では数少ない信号は、待ち時間がデジタル表示されています。
横断歩道はあっても歩行者優先ではないらしく、曲がってくる車にクラクション鳴らされます。


玉皇大酒店の416号室はこの日もやっぱり蒸し暑く、シャワーのお湯をだんだん冷たくしていったら最終的に水シャワーになりました。


明日は最終日。
飛行機は夜の22時台なので、日中は天門山に遊びに行きます。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【8/14の出費】
天子山までバス13元、アイス7元(2人)、水4本11元(2人)、カップ麺10元(2人)、
アイス6元(2人)、百龍天梯片道分56元、帰りのバス1+10元、夕食20元(2人)、買い物約13元


total:54元(2人)+93元(個人)→120元
[PR]