4.朝の散歩と鳳凰古城行きのバス。

8/12


暑さのせいか朝日の眩しさか外の喧騒か、目が覚めたら6:30でした。
空気がよくないからか、喉が痛い。。

Sはまだ寝てるので、7時過ぎには戻ることにして、お散歩。

b0204492_14563221.jpg
部屋のある4階から見た風景。
見事に信号がありません。
朝早いのでまだ交通量も少ない。
左手の看板が並んでるあたりがバスターミナルで、この裏側にたくさんのバスが並んでいます。


b0204492_14585939.jpg
外に出ると風船をたくさん持ったおばさん発見。
売り物でしょうか。


b0204492_14594751.jpg
バスの出入り口付近のフルーツ屋さん。
買ってないので値段は不明。
張家界市内では、キウイや葡萄も売られていました。

b0204492_1505581.jpg
ターミナル付近の売店で飼われていた猫。
紐がついています。
眉があるように見えてブサ可愛い。

b0204492_1525212.jpg
バスターミナルの待合所。
奥の、「票」と書かれた窓口でチケットを売っています。
空港にあるみたいな手荷物検査機もあったけど、実際に荷物は通していない。使ってないのかな?

b0204492_1552588.jpg
バスターミナル。
一応下調べをと、鳳凰行きのバスを探してみました。
紙に「我要至、張家界→鳳凰」(←張家界から鳳凰まで行きたい、を伝えたい自己流中国語。)
と書いて見せると、「あのバスだよ」と教えてくれました。
この画像だと前方奥、待合所を抜けてからだと左側に、鳳凰行きのバスがありました。

この時7:00少し過ぎ。
運転手らしき人が、「バスは8:00。チケットはあっちだよ。」と、中国語と筆談と手ぶりで教えてくれました。


b0204492_15141519.jpg
そして宿へ。


改めて準備をして、宿をチェックアウト。
チェックイン時に渡していた押金(デポジット)を受け取ります。

そしてターミナルでチケット購入。
b0204492_15162812.jpg
この時7:55。
8:00のバスに乗るつもりだったんだけど、貰ったチケットには9:00と書かれていました。
8時のは売り切れちゃったのかな、残念。。

と、ここで、重要なことに気付く。
部屋に眼鏡忘れた。

8時のバスに乗れなかったのは、幸運だったかもしんない。
急いで宿に戻って、受付にいたおばさんに
「我残我的(メガネの絵)、房416」と書いた紙を見せると、416のカギをくれました。
『部屋にメガネ忘れました』が通じた!!


忘れ物を無事回収して、時間があるのでその辺の屋台でパンを購入。
再びバスターミナルへ行き、9時のバスで出発です。

b0204492_15242929.jpg
鳳凰行きのバス。

b0204492_15252973.jpgb0204492_15362349.jpg
バスは綺麗で快適でした。空調も効いてたし。席は25、26で後方。
バスの中には複数のバケツもあり、これがゴミ箱の役目を果たしているらしい。
出発後まもなく、市内のスタンドでガソリンを入れ、そこからは殆ど信号ないのでノンストップ。
鳳凰古城までは約4時間。


b0204492_15291979.jpgb0204492_15273210.jpgb0204492_15281024.jpg


2時間少し走ったところで、トイレ休憩。
売店もあり、ホースでバスの洗車まで行われます。

そして再び出発。


ところで前半寝てたからあまり分からなかったけど、運転が粗い。
前を走る車はどんどん追い抜くし、その際にはクラクション鳴らしまくって対向車線を走る。
もちろん前からも車が来るんだけど、気付けば無事にすれ違ってる。
それを直線道路だけじゃなく、ちょっとしたカーブとかでもやるので、乗ってる方はドキドキ。。
しかも道が狭い上にガードレール無しのとこも多いから、「衝突するかもしれない」+「側溝に落ちるかもしれない」の不安が。。
うーん、中国で運転は無理だな。。


b0204492_15332358.jpg
そして吉首を過ぎたあたりから、でこぼこ道や渋滞も増えたように思います。
1台路上駐車があると、特に片道1車線のところではそれをきっかけに渋滞が起こります。
交互に抜けていけるといいんだけど、考え無しにグイグイ前に詰める運転手もいるわけで…。

そしてこのあたりから、「鳳凰」と書かれたバスとも多くすれ違うようになってきました。
数台ごとにバスとすれ違う感じ。
やっぱり観光地なんだなぁー。


b0204492_15453076.jpg

そして出発から4時間半後の13:30、鳳凰のバスターミナルに到着です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・
【8/12の出費】
後ほどまとめて
[PR]