17.メルトラのバスとのどかな風景

11/12

今日はベージャの南にある、メルトラに日帰り。

ポルトガル旅行が決まって行き先を色々考えているときに、ネットで教えて貰って知ったのがメルトラでした。
川沿いにある小さな町(村?)。


起きたのは6時半。
建物が古い安宿より、作りの新しいユースホステルは暖かくて快適。
シャワーも問題なかったし。安心して泊まれるって素敵だ。

・・・・・・・

朝早すぎてユースの朝食の時間がまだだったので、バスターミナルに向かいました。
窓口で7:30のメルトラ行きを買ったけど、道路沿いにずっと向こうまで続いているバス停の、どこで待てばいいのか分からない(汗)

7:12に1台のバスが入って停まったので、回り込んで行き先表示を確認すると、、 EVORA 
あー違うバスだったか、とベンチに腰掛けると、あたしに気づいた運転手さんがわざわざ降りてきて、「どこに行きたいの?」と訊いてくれました。
親切だなぁ。


それからもう1台バスが入ってきました。運転手さんが降りてバスターミナルのビルに入って行きました。
行き先を確認すると、 BEJA 。
あ、ここが終点なのね。


そして7:30に差し掛かかるも、他に入ってくるバスはない。
そしたら、さっきのBEJA終点のバスから出てきた運転手さんが戻ってきて、あたしに「どこに行きたいの?」と訊いてくれました。

「メルトラ」と答えると、「あぁ、じゃあ乗りなさい」って、えええええええええ(>_<)

じゃあ行き先表示を MERTOLA に変えてから休憩に出てください。。
無駄にドキドキする時間を過ごしてしまいました。


・・・・・

7:30のバスは通学用らしく、途中のいくつかの集落で子ども達を乗せて、いつの間にか満席に。
おばあちゃんが乗り込んできたときに、女の子が当然のように席を譲っていて、すごく微笑ましかった。

40分~50分走ったところで、橋の上に別のバスが停まっているのが見えてきました。
そこでこっちのバスも停車し、5~6人の子どもが降りて、向こうのバスに乗り換え。
子ども達を乗せたバスが走り去るのを待って、こちらのバスも出発。

通学のための乗り継ぎらしい。
でも時間になったら行ってしまうようなバスではなくて、子ども達を待っている感じがすごく良いなと思いました。
みんなが子どもの通学を見守っている感じが温かい。


・・・・・

b0204492_095127.jpg

橋を渡ったところの小さなターミナルでバスが停車し、残っていた乗客がぞろぞろと降りていきました。
メルトラに到着です。

「帰りもここでいいんですよね?」って運転手さんに訊いたら、「時間分かる?」と言ってくれました。
帰りは11時です。見て回れる時間は2時間のみ。

下調べだと夕方のバスもあるっぽかったけど、ベージャ城に登りたいからやっぱり11時のバスで戻ることに。

・・・・・・・


メルトラといえば、川。どこだ、川。
川を探してウロウロし、遠くに見えてきた城に向かって歩いていきました。

b0204492_0104864.jpg

城は小高い丘の上にあるので、そこに向かって坂道を歩いていくと、脇に川が見えてきました。

そしてお城へ。

b0204492_0124872.jpg
城からは、メルトラの町並みが一望できました。
バスは右に見える橋を渡って来たみたい。
のどかでこじんまりとして、とても可愛らしい町。
お城まで含めた町全体を眺められるビューポイントは、当たり前だけど川の対岸らしい。
渡れないか見てみたけど、対岸に行くにはバスで来た橋くらいしかないっぽい。
→無理。
町全体も眺めたかったな。

お城の敷地内は作業中で、土と木だけのでこぼこした階段に大理石でステップをつけて、歩きやすくしているようでした。


b0204492_0175575.jpg
メルトラの町にもトゥリズモがあったので、地図を貰いました。
小さい町にも観光案内所があるって便利。
歩いていると映画館があったり商店があったり、レストランがあったり。

お城も工事中だったけど、町の石畳もところどころ修復中でした。
ボロボロになったブロックを取り除いている途中で、新しく埋めていくらしいブロックが山になって置かれていました。
石畳って修復するもんなんだね。


・・・・・・・・

11時のベージャ行きバスに乗るために、バス停の近くで待機。
5分前にそれっぽい運転手がやってきたので、「ベージャ?」と聞くと
「そうだよ。もう出るよ。チケット買っておいでね。」

え!? チケ屋あったの??
運転手さんが指差したカフェの方に歩いていくと、その隣に小さく「Bilheteira」(チケット屋)の文字が。
でも窓口覗き込んでも人がいない。

運転手に駆け寄り、「誰もいないんですけど!!!」と訴えるも「すぐ来るよ、すぐ来るよ」と暢気なお返事。
えっ、でももう11時だからバス行っちゃうでしょ!?

運転手さんに置いていかれるんじゃないかとハラハラしながら、なんとか無事にチケット購入。
チケットを買う人は他にもいたようで、11時少し過ぎにバスが出発しました。




短時間ながらも田舎の町並みと自然に癒されて、再びベージャに向かいます。


Beja から Mertola のバスは、平日なら、
往路が 7:30 か 13:45 か 17:00
帰りは 9:00 と 11:00 と 17:15。

(2008年11月現在。夏と冬でも時間変わるかも。)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【11/12の出費】

後ほどまとめて





次の日記
[PR]