4.さっそくバスに乗り遅れ

11/5前半


今日の予定:
朝のバスでリスボンからポルタレグレに移動して、散策と宿探し。


・・・・・・・・

宿の受付(部屋のすぐ隣)のおじさんのイビキが煩かったせいか、よく眠れず無事に6時起き。
今日は、セッテリオスのバスターミナルから、朝7時半のバスでポルタレグレに行く予定。

・・・なんだけど、最寄の地下鉄のアヴェニーダ駅の入り口が分からず、もう1つ向こうのポンバル駅まで歩いてしまいました。
そして切符の買い方に迷い、更には降りたジャルジン・ズロジコ駅からバスターミナルに行くのに迷い、辿り着いたときには、まぁ予想はしていたけど、7時半のバスは行った後。


・・・いきなり予定変更で同日15時のバスを窓口で予約。
空いた時間で南のバイシャ地区に行ってみることにしました。
ロッカーが見当たらなかったので荷物も背負っていったけど、後で後悔することに。。



バイシャ・シアード駅で降りてコメルシオ広場に行った後に、街を見渡したいなとサンタ・ジェスタのエレベーターに。
エレベーターの上がちょっとした展望台になってるんです。


b0204492_12283.jpg
クラシカルな雰囲気のエレベーターに乗るには2€必要で、ちゃんと打刻も必要。
そしてある程度人が乗らないと、上にいかない。


b0204492_1262233.jpg
上に着くと、急に小雨が降ってきました。
これはエレベーターから東側の風景。丘の上にあるのはサン・ジョルジェ城。



しばらくしたら雨も止んだので、街をお散歩。
歩いていたら、何年か前にTVで見た「パウロのカステラ」を発見。
日本人女性がポルトガル人と結婚して開いたお店とかそんな感じの。

でも店員さんはポルトガル人のおねーさんで、キッチンにいる日本人おねーさんとお話ができない。。
お昼ごはんにと頼んだのは、野菜スープと生ハムオムレツ。

野菜スープ → 塩分が物足りない。
オムレツ   → 生ハム盛りだくさんでオリーブオイルたっぷり。

結論:かなりおなかいっぱい。
スープが物足りなかったのはまだこっちの味に慣れていなかったからかも。


b0204492_1283996.jpg
リスボンは「7つの丘の街」で知られるだけあって、坂道や階段が多い。
バックパックの重さに辟易してきました。
しかも大きいので小さいお店に入りにくい。


せっかく雨が止んだのでアルファマ地区を散策できたはずなのに、バスの2時間前にはターミナルに戻ってきてしまいました。
待ち時間に、待合所でバスのタイムテーブルGET。

その中に Arganil の文字がありました。
石造りの特殊な家々が趣深い piodao村にバスが週イチで出ている Arganil 。

実は下調べで知ったピオダオに行ってみたいなと思ってて、ただ具体的なルートがよく分からなかったのです。


リスボンから Arganil 経由で piodao にいけるのか。。
行きたいなと思いつつ交通が不便そうで予定から外していたけど、なんだか行ける気がしてきました。





これからのルートを色々考えながら、バスを待ちます。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【11/5の出費】

後ほどまとめて





次の日記
[PR]