11.夜のチビダボ遊園地

8/13後半

b0204492_12493497.jpg
モンセラットを後にして、移動。

チビダボ山の上にある老舗の遊園地に向かいます。
名前もそのまま、チビダボ遊園地。(ティビダボ遊園地)

標高500M以上の山の上にある遊園地で、1900年頃開業。
標高と年季で、小さい観覧車も恐怖のアトラクションになるというのは本当でしょうか。

ところでなんで夕方以降に遊園地かとゆーと、夏場は23:00まで営業してるらしいから。
日本で言う花やしき程度の小ささを想定していたので、日没直前くらいに行くのがちょうどいいかと思ったのです。


b0204492_1334340.jpg
駅から地上に出て、路面電車で山の中腹へ。
そこから、フニクラで山の上へ。

b0204492_1372426.jpg
乗り場にあったタイルが可愛かった。


そしてそして~遊園地~♪
b0204492_1375657.jpg



b0204492_1381542.jpg
どどーーーん。

フニクラ降り場を出てすぐ、遊園地とバルセロナ市内を見下ろすように聖心臓教会があります。


b0204492_13124819.jpg
中に入ってすぐに目に入るのが、観覧車と、梯子みたいな乗り物。
かわいい♪

b0204492_13143813.jpg
写真を撮ったり色々して、まずは観覧車に乗ることに。


b0204492_13154244.jpg
・・・背もたれ低くない?
そう、外国の観覧車って箱型になっていなくてオープンで怖いんだけど、背もたれも低い。
しかもここは500Mの山の上。
そしてこの観覧車、速い。超速い。
よく見ないと動いてるか分からない日本の観覧車と違い、ぐるんぐるん回る。
見ていて笑いがこみ上げてくるくらい、速い。



b0204492_13171961.jpg
乗ったところ。
乗客少ない・・・? って思ったけど、並んでる人がまったくいないわけではない。
全てのゴンドラに客を乗せずに、12時、3時、6時、9時のゴンドラにしか乗せてなかった。
で、1周で終わらない。
・・・ニースもそうだったけど、観覧車が1周で終わらないのって意外と普通なのかな。


b0204492_13211041.jpg
観覧車から見える景色。
観覧車自体一番端っこにあるものだから、ゴンドラの向こうはまさに下界って感じでした。


b0204492_13221527.jpg
着いたのが割りと遅かったので、そろそろうっすら日没。


b0204492_13224346.jpg
次に、最初に見えた梯子みたいな乗り物に乗ることに。
ゆっくりぐるぐる回る梯子状のアームの両端には籠がついていて、一番上まで上がると高さは100Mくらいあるみたい。
この籠も胸の高さくらいまでしかないし、安全バーとかベルトとかがあるわけでもないし、そもそも落ちたら終わりだし、シンプルな乗り物だけにかなり怖い。


b0204492_13305025.jpg
観覧車よりももっと高くまで上ります。


一番上に到達したところで、ガコッと揺れて停止。
反対側の籠にお客さんを乗せるために停まるみたいなんだけど、これが結構長い。怖い。
しかも寒い。


b0204492_13312497.jpg
でもすごくいいタイミングで夕暮れになりました。
紫の空に浮かぶ教会。
夕暮れ時のこの乗り物(名前知らない)はかなりいいビューポイントだと思う。



b0204492_13344043.jpg
それから次に乗ったのは、空中ブランコ。


b0204492_13351625.jpg
やっぱり背もたれが低い。
しかも安全ベルトがやる気ない。


後ろにのけぞったら確実に落ちそうなんけど!!!!!
遠心力にまかせたらかなり危険だと思うんだけど!!!!!
えっこれ乗るの!?
無事に生還できるの!?


b0204492_133799.jpg
うきゃああああああああああああああ。

ものすごく手に汗握る空中ブランコでした。



無事に生還できたろころで、スタンドでホットドッグか何か買って晩御飯。
てゆーかチビダボ遊園地広い!!!
小さい遊園地かと思ったら山を上に下にといくつかのエリアに分かれて広がってて、アトラクションも多い!
しかもマイナーな子供向け遊園地かと思ったら、来場客も多い!!
ほぼ全てのアトラクションでかなり順番待ちしてる感じ。

本当はジェットコースターにすごく乗りたかったんだけど(←山の上にあるから怖さ倍増らしい)、さすがに人気らしくて長蛇の列。
これにのったら確実に閉園時間。



b0204492_1344397.jpg
ので、人の少ないところを探して、次はポセイドンに乗りました。


b0204492_13443881.jpg
割と端っこに乗りました。
落ちるときにみんな両手をあげて「わー」って言うもんだから、乗ってる間じゅう「わー」「わー」の応酬。
なんとも不思議な連帯感。。



b0204492_1347380.jpg
その他にあった乗り物は、子供向けのフリーフォールとか、

b0204492_13473011.jpg
コーヒーカップにバイキングの要素を加えたようなやつとか。
この乗り物、それぞれに大砲ならぬ水鉄砲が備えてあるみたいで、
近寄ると水が飛んでくる。



エレベーター内で「俺日本語喋れるよ」と「イチニイサンシイゴォロク・・・」を披露してくれる素敵なお兄さんにも出あいつつ、もうそろそろいい時間。
閉演まで残り30分ほどになり、あと1つしか乗れなさそう。


で、最後に選んだのは、これ。

b0204492_135273.jpg
ブイーンと回るだけの飛行機。
バルセロナーマドリッド間を飛んだ飛行機のレプリカらしいです。
案内板やチケットにも描かれている飛行機なので遊園地の象徴的存在なのかな?とは思ったけど。
だからなのかどうなのか、これも意外と人気。
もしくは「閉園前にあと1つなんでもいいから乗りたい」心理なのか。
20分くらい待ちました。
時間的にギリギリなんで乗れないんじゃないかとハラハラしました。


b0204492_13562395.jpg
そして見上げれば聖心臓教会。
夜はライトアップされるのねー、かっこいい。


b0204492_13571980.jpg
夜景も綺麗でしたー。
そしてなんとか閉園前に順番が回ってきましたーーー。


b0204492_13591172.jpg
中は期待以上に飛行機でした。
狭いんだけど、狭いんだけど、これはちっちゃい子がすごく嬉しいと思うー。
そして夜景を見渡すように、2~3周回りました。


降りたらもう閉演直前。
スタッフがお客さんを園の外に誘導していました。


b0204492_144471.jpg
これまた人気で乗れなかったメリーゴーラウンドに別れを惜しみつつ、23時に遊園地を後にして、帰宅。


・・・のはずが、この後が大変でした。
麓まで降りる路面電車(←フニクラはどうだったか忘れました)が、営業終了。。
まぁそんな気はしてたんだけどね。
真っ暗い中を2人で歩いて駅まで。これがけっこう長かった。
山の上だから無理もないけど。





ひたすら歩いて、宿に着いたのは1:20。
(宿の門限は24:00、消灯は1時です)

建物の入り口自体鍵がかかっているので、ピンポン押して解除して貰わないといけない。
「・・・呼び出し押すの怖いよね。。」


昨日はみんな夜中まで話してたからもしかして、、と淡い期待を抱いて、ピンポン。
いかにも寝起きっぽい人が応対してくれて、鍵が解除されました。

宿に入ると、真っ暗。
みんな寝てました。
えっと、ごめんなさい。。。。


電気もつけずに物音を極力たてずに、そーっとそーっと片付けをして、睡眠。
おやすみなさい。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【8/13の出費】
バス 1.3€ / メトロ1.3€×6くらい / 電車(~モンセラット)14.5€ / フリマ 10€ / フニクラ数回 9.5€ /
モンセラットで昼食 10.5€ / チビダボまで電車 2.6€ / 遊園地 24€ / 夕食 5.2€ / レターセット 13.2€ /


total:98.6€
[PR]