15.落書きだらけのフィレンツェの宿

3/9

今日はヴェネツィアを出てフィレンツェに移動します。
ところで宿泊した Ostello Veneziqa の受付のおじさんに2日連続でご立腹しました。

昨日の夜にネットしようとしたら、キーボードが調子悪いのか接続が悪いのか、タイピングできなかったのね。
なので受付に行ったら、おじさんは10分も20分も長電話してる。
明らかにうちらが待っているのが見えているのに!!

やっと電話が終わったので「PCがおかしくてタイピングできないんですけど」って言ったら「そんなことないでしょ。何言ってんの」って感じで、まるでこっちがPC出来ない人みたいな扱われ方をされたんでした。


で、今朝。


チェックアウトしに行ったら、「今日は運河のヴァポレットがストライキだから、君たち荷物もって駅まで歩かなきゃねー、HAHAHAーーー」とか言うので陸路で駅に向かってたら、普通に運行してるヴァポレットに遭遇するし。
既にリアルト橋まで歩いて来ちゃったよ(>_<)





それから13時半くらいの電車に乗って、15時くらいにフィレンツェ到着。
宿は予約してなかったけど、S嬢が目星をつけてくれていたので、地図を見ながら探す。

駅からそれほど遠くないところで、目的の宿に到着しました。
それが、 Ostello Archi Rossi (アルキロッシ)

ここかなり素敵なお宿でした。詳細は後ほど。

本当は9人部屋(20€)に泊まりたかったのに、満床だとかで6人部屋(22€)に泊まることに。
宿代は20€までに抑えたいのにーーーー。
しかも明日にはまた別の部屋に移動しないといけないらしい。。。めんどい。


部屋でしばらく過ごした後で、16時頃になってとりあえず外に出てみることに。



b0204492_162359.jpg
おぉぉ、ドゥオモが見えてきたーー。
残念ながら上りませんでした。上ればよかったかな。

b0204492_182396.jpg
なにやら素敵な建物もありました。


ところでフィレンツェには服屋さんがたくさん。
ここんとこニース&モナコのリゾート地域とヴェネツィアの超観光都市を回って土産屋ばっかり目にしていたので、普通(?)のオシャレなショップを見たのがかなり久しぶりだったのでした。


小腹がすいたね、ってことでピザ食べることに。
普通に想像するような焼きたてまん丸ピザじゃなくて、既にできあがった四角いピザがショーケースに並んでるのをカットして量り売りなお店なんだけど。

レジのおばちゃんとこに秤があって、料金は1キロ17€。
「2種類頼んで2人で分けよう」ってことになりまして、少しつまむ程度でいいし、じゃあ小さくカットしてもらおうと思ったのに、「これ(B5サイズ弱くらい)より小さいサイズでは売ってない」と突っぱねるおばさん。

量り売りに最低サイズも何もあるかい。
と思って「その半分でいいんです」とゴネてみたけど結局諦めて大きめで購入。(4€くらい)


店内飲食のスペースもあったので席を確保して待っていると、あたしの後でピザを選んでいたS嬢のゴネる声が(笑)

おばさんがピザを秤にさっと載せてすぐに引き上げ、6€ちょっとを請求されたらしいんだけど、S嬢が見た秤のデジタル表示は明らかにそれよりも軽かったとのこと。

・・・といってもあたし見てないしなぁ。
ってことで「もう1回秤に載せて」って頼んだのに、それを頑なに拒否するおばさん。

「絶対見たのに!」と憤慨するS嬢をなだめ、これまた諦めて購入して、ようやくピザにありつく。

と、後で入ってきたおじさんが買ったのは、B5サイズの半分くらいの大きさのピザ。
これにはマジで腹が立った!! あたしに対しては拒否したくせに!

このクソババア!

なんかもう、イタリア人と相性悪いみたいです。



気を取り直して18時頃、素敵な文具屋さんを見つけました。
フィレンツェの伝統工芸であるマーブル紙を取り扱うお店、 IL PAPIRO (イル・パピロ)
店員さんは日本人でした。
そしてレターセットとペンを購入。日本語で説明されると安心するのかも???
マーブル紙自体はそこまで好きじゃないんだけど、「伝統」「手作り」って響きはいいね。



最後に、お宿の Archi Rossi について。
b0204492_1405997.jpg
何がびっくりって、落書きだらけなんです。
フレスコ画が描かれてる壁や室内やバスルームには落書きしちゃいけないんだけど、それ以外は自由!
エレベーターのドアとか、階段の壁とか、これ以上書くとこないくらいにぐっちゃぐちゃ。
様々な言語で落書きがしてあって、日本語ももちろんたくさんあって、落書きを探すのも楽しい。

気に入った日本語の落書きは、「ないものねだり」や「フィレンツェで一番美味しいもの、中華料理」
そのほかに、「○年前にここで出会って結婚して、記念にまた来ました」なんてのもあった。
キッチンはないけどレンジはあるし、朝食あるし、ネット無料だし、またフィレンツェ来たら泊まるかもな。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【3/9の出費】
宿(アルキロッシ、6人部屋) 22€ / ピザ 5.37€ / レターセット他 26.25€ / ジュース 0.55€ /
洗濯1.5€ (実際は1回3€) /
*ヴェネツィアからフィレンツェの運賃はユーレイルパス使用


total:55.67€
[PR]